ここから本文です

クレージーだよ 奇想天外 (1966)

監督
坪島孝
  • みたいムービー 1
  • みたログ 26

3.22 / 評価:9件

内田裕也のチンピラ役は笑えますが・・・。

  • mal***** さん
  • 2011年4月27日 14時20分
  • 閲覧数 468
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

地球の平和を危惧する宇宙人が、平和を取り戻すため人間の肉体を借りて巻き起こる1966年に公開された風刺コメディ映画です。

主演の鈴木太郎ことM7を谷啓が演じていますが、展開的には平和を訴えるのは良いとしても、SFコメディ路線だけに収まらず、谷啓は会社員や歌手、果ては政治家を演じ、それに伴ってストーリーも広がりすぎた感じがあり、映画全体にまとまりがありません。

メインのお話は失速気味ですが、途中で登場する内田裕也のチンピラ役の変な軽さや、妙に元気な偽政治家を演じた植木等のハチャメチャぶり、そしてなぜか関西弁を話す宇宙人を演じた藤田まことは笑えました。

平和って、口で言うほど簡単じゃないことが分かる映画ではあります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ