ここから本文です

ゴジラVSデストロイア (1995)

GODZILLA VS. DESTROYAH

監督
大河原孝夫
  • みたいムービー 18
  • みたログ 696

3.78 / 評価:248件

平成VSシリーズは日本の宝

  • san******** さん
  • 2019年6月11日 9時17分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ハリウッド版のゴジラを鑑賞したばかりですが、肩透かしを食らったので過去作を見返しました。


※僕は小学生時代が完全に平成VSシリーズの時期に被っており、僕にとってのゴジラは平成VSシリーズが基本となりますのでご了承ください。

Huluでゴジラ特集をやってましたので、VSデストロイアを観てみました。


正直驚いた。
子供の頃はゴジラを見るためだけの作品でしたが、ストーリーもちゃんと作られてました。

もちろん荒く大人が見ればオイオイと突っ込みたい部分はあるでしょうが、それでもミレニアムゴジラ〜のウルトラマンなどのテレビシリーズ並みのストーリーとは一線を博してます。

いい意味で90年代と言いますか、風刺も効いてる。

映像、特撮部分も今より贅沢な作りで細部まで凝っている。
確かに陳腐。
小型のデストロイア戦はどこかハリウッドを意識したような作りで、デストロイアの特撮も非常に陳腐。

それでも許せるのは時代のせいですかね、、
とにかくワクワクしてしまう。

ゴジラは全作品観ており、もちろん初代も大好きですが、やはり僕にとっては平成のシリーズは別格です。
子供ながらにゴジラの造形、シルエットが一番カッコいいと思ってたしストーリーも子供からすると大人っぽくカッコいいと感じていた。

この作品の最大の見所はゴジラがメルトダウンを起こしゴジラが死んでしまうという衝撃的な点。
劇場で見た時は悲しくて泣いたのを覚えている。

最強の平成ゴジラの幕引き。
溶けてしまうゴジラは未だに衝撃的です。
そして大量の放射能の中、次世代にバトンタッチを連想させるいい演出。
そこからのエンドロールも最高。

VSシリーズの中ではそこまで突出した評価ではないもののこの作品のお陰で平成VSシリーズは1つのシリーズとして格上げされた様に感じます。

今となっては決して作れない内容と映像。
CGを使わず計算され尽くされた特撮技術。
素晴らしい作品だと思う。


未見の人は是非観て欲しい作品。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ