ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

地震列島 (1980)

DEATHQUAKE

監督
大森健次郎
  • みたいムービー 6
  • みたログ 50

3.27 / 評価:26件

浄化されたような松尾嘉代の表情

  • OPQ さん
  • 2019年6月15日 23時11分
  • 閲覧数 228
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

あの時代の東宝らしい恐怖を煽るパニック映画。どん底に叩き落とすようなドロドロとしたような絶望感。さすが中野昭慶と思わせる特撮爆破シーンの数々。脳裏に焼きつくくらいハデなシーン。ひたすら地震予知を訴え、家族や立場を省みず、説得しようと突っ走る勝野洋。悲愴感に満ちて疲れきった表情の多岐川裕美。一途な愛で激しい感情を表し、ひたすら扉を叩き生きようとする永島敏行。夫に愛想を尽かすが、絶望の中、夫の勇敢な姿に惹かれ、再び夫に愛を抱く松尾嘉代。絶望と恐怖のどん底の中で人間模様が繰り広げられる。
また、色々とツッコミどころのある映画でもある。30日以内に大地震がくると言っておいて、火の出ない乗用車を開発する為、何台もの乗用車を爆破させる呑気な主人公、オイオイ(笑)
さすがにそりゃないよ!と見ていて思ったが、勢いで突っ走るド派手なパニック映画ならこんな事は、ご愛嬌。ラストの陽を浴びて何もかも浄化されきったかのような松尾嘉代の表情が全てを洗い流してくれるから。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ