ここから本文です

ZIPANG ジパング (1990)

監督
林海象
  • みたいムービー 172
  • みたログ 249

3.33 / 評価:49件

平幹二郎と鰐淵晴子にほれました

  • tebo***** さん
  • 2016年10月24日 2時12分
  • 閲覧数 1232
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まわりの映画好きは「えーー」っていうんだけど公開当時大好きでした。記憶の限り書いてますが、平さんが亡くなったと知り、私がまっさきに浮かぶのはこれ(たぶん平さんには不本意かもですが)。日本映画が怪獣以外でエンターテイメントで勝負した作品だと個人的には思っています。
基本の時代はお江戸っぽいですが、短い着物でおかっぱヘアの成美ちゃんかわいかった(たしか)。
日本の神話もモチーフな感じで、ストーリーの核のエリアで登場する威風堂々とした平さんの存在感、歌舞伎までいかないけど白塗りでアイランもして、ややふっくらしたラインなのにイケメン感がにじんでドキドキしました。そしてディーバ的に登場する鰐淵晴子さんも‥。おふたりともかなり長いキャリアの役者さんでしたが、私が映画館で見たのは初。年齢も超越した鰐淵さんの、はんなりとした美しさが同性ながらときめきました。こんな美しい人が日本にいたのかと‥。そのディーバを追い求めるやたらきれいな筋肉の入れ墨男もがんばってましたね。たしか台湾かどこかの方で、たどたどしい日本語を披露する、でもそれがちゃんと計算された結果で、印象に残っています。
遮光器土偶の意外な設定に、心のなかで大笑いをしてました。
いま見たら、私もわかかったのねとなるのかもしれませんが、
楽しいです!美しいです! また見たいです!
ジパングのきんきらな世界でも負けない平さんも拝んでみてください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ