ここから本文です

新幹線大爆破 (1975)

SUPER EXPRESS 109

監督
佐藤純弥
  • みたいムービー 68
  • みたログ 884

3.82 / 評価:421件

舞台設定だけが秀逸な作品

  • kyo***** さん
  • 2020年7月27日 11時07分
  • 閲覧数 171
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

後年大ヒットしたハリウッド映画『スピード』のモチーフとなった作品ということで、この時代に疾走する新幹線という舞台設定は秀逸という他ない。しかし、その舞台外の物語展開があまりにひどかった。

様々な事情から社会の底辺に押しやられた犯人たちだが、互いに仲間を助けあうなど根は優しく、本当の極悪人ではない。この企みも、あくまで金が目的であり、新幹線を爆破し乗客の命までとるつもりはない。

しかし権力側の警察は、犯人逮捕(抹殺?)を最優先、大勢の乗客の命は実はどうでも良く、犯人たちとの約束を守る気は初めから一切ない。罠を度々しかけて、犯人の事故死を誘発、軽々しく発砲し負傷させ、最後は射殺までする始末。どっちが悪なんだって感じが全編を貫き、超有名作品ということで期待していたぶん、ありえないだろこれという、うんざりした映画だった。

なお高倉健は悪役を演じているが、悪役が似合わないことを痛感した。あまり悪役を演じた作品はないと思うので、そういう意味では貴重な作品かもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ