鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ) 怪星人の魔城
3.3

/ 4

50%
0%
0%
25%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(1件)

勇敢33.3%不気味33.3%楽しい33.3%

  • mal********

    2.0

    バク転もうまいぞジャイアンツ!

    1957年に公開された宇津井健主演による特撮ヒーロー映画「鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ)」シリーズの第3作目です。月の裏側の沼地のような小惑星に住むカビア人による地球制服作戦と、それを阻止せんとするわれらがスーパージャイアンツの死闘を描いております。 このカビア人、まるでカッパのような粘液質の容姿で、口から発せられる光線で人間を殺すのかと思いきや、ただ眠らせて手で操るといった武器を駆使して地球制服を企むというスローペース。 なので、すぐにわれらがスーパージャイアンツに邪魔された彼等、今度は”ギー”という怪音で人類に奇病を蔓延させます。政府も”怪音「ギー」対策委員会なるものを発足させるのですが、われらがスーパージャイアンツが?わたしに任せてください?と言った途端に?それじゃあ、頼みます?と言わんばかりの態度に軟化するのが、いくら昔の映画だとはいえ肩透かしでした。 また恐ろしい容姿であるカビア人も最終手段として、カビア人対策委員会第一人者である博士の娘をアジトの魔城に誘拐拉致するに至っては、やることは人間の悪党となんら変わりありません。 いま観ると、ゆるい展開だけが印象に残ってしまうのは仕方ないとは思いますが、本作がシリーズ1作目同様あえて中途半端な終わり方になっているのは、当時の日本映画が1週間興行だったことと「地球滅亡寸前」というオチが判明したようなシリーズ次回作へとつながっているためであることを知っていただきたいです。それを承知のうえで、本作を観た方は是が非でも「地球滅亡寸前」を御覧になってください。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


宇津井健スーパージャイアンツ
高松政雄浅見博士
阿部誠次郎
館正三郎館野助手
中村彰深見博士
杉山弘太郎下村助手
五月藤江家政婦
志摩竜二パイロット
小浜幸夫パイロット
佐山幸夫パイロット
真木裕指令塔員
菊川大二郎指令塔員
鈴木信二[俳優]円盤対策委員会学者
千葉徹円盤対策委員会学者
東藤泰彦円盤対策委員会学者
小森敏国会議員
山口多賀志総理大臣
川辺修詩ギーの音対策委員会議員
山田長正ギーの音対策委員会議員
倉橋宏明ギーの音対策委員会議員
浪野幹雄ギーの音対策委員会議員
原聖二ギーの音対策委員会議員
築地博運転手
浅野雪子街頭録音の主婦
小野彰子怪星人の妖婆
明日香実怪星人
大谷友彦怪星人の魔術師

基本情報


タイトル
鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ) 怪星人の魔城

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-