鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ) 地球滅亡寸前
3.5

/ 2

50%
0%
0%
50%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(1件)

不気味25.0%不思議25.0%楽しい25.0%スペクタクル25.0%

  • mal********

    2.0

    空を飛んでばかりだぞジャイアンツ!

    1957年に公開された宇津井健主演による特撮ヒーロー映画「鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ)」シリーズ第4作目です。シリーズ前作「怪星人の魔城」の続きですから、いきなり本作を観て?なんで女の子が吊るされてるんだ?とか?このカッパのような怪人達はなんだ?とか言わずに、とりあえず前作を御覧になってください。 UFOを操縦して都市を光線で破壊したり、地球の引力をなくす科学力があるにもかかわらず、催眠術や怪音などを駆使して地球制服を企むカビア人とスーパージャイアンツの対決の結末を描いています。 本作でもわざわざ人間に化け(とても分かりやすいです)て、カビア人撲滅基地を探ろうとしたりするアナログ感は本作でも発揮されています。ただスーパージャイアンツと戦うときにはかなりの数のカビア人が登場して、映画を盛りたてようとはしております。 ただ、時には踊っているように、また時には段取り通りの動きにしか思えないようなスーパージャイアンツとカビア人の対決シーンのスローで優雅な映像が、映画全体に迫力と緊迫感を与えていません。 それでもシリーズ1・2作目では、まだ主演の宇津井健の真面目な演技が救いになっていたのですが、前作と本作ではカビア人とすごく台詞をハッキリと話す子役の方が目立っているため、肝心の主役スーパージャイアンツの存在が希薄なのが残念でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


宇津井健スーパージャイアンツ
高松政雄浅見博士
阿部誠次郎
館正三郎館野助手
中村彰深見博士
杉山弘太郎下村助手
五月藤江家政婦
志摩竜二パイロット
小浜幸夫パイロット
佐山幸夫パイロット
真木裕指令塔員
菊川大二郎指令塔員
鈴木信二[俳優]円盤対策委員会学者
千葉徹円盤対策委員会学者
東藤泰彦円盤対策委員会学者
小森敏国会議員
山口多賀志総理大臣
川辺修詩ギーの音対策委員会議員
山田長正ギーの音対策委員会議員
倉橋宏明ギーの音対策委員会議員
浪野幹雄ギーの音対策委員会議員
原聖二ギーの音対策委員会議員
築地博運転手
浅野雪子街頭録音の主婦
小野彰子怪星人の妖婆
明日香実怪星人
大谷友彦怪星人の魔術師

基本情報


タイトル
鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ) 地球滅亡寸前

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-