ここから本文です

大怪獣バラン (1958)

VARAN THE UNBELIEVABLE

監督
本多猪四郎
  • みたいムービー 2
  • みたログ 85

3.00 / 評価:39件

1作で終わってしまったバラン

  • オーウェン さん
  • 2017年4月21日 23時16分
  • 閲覧数 592
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

本多猪四郎や円谷英二、伊福部昭と怪獣映画にはおなじみのスタッフがそろっているが、大して印象に残らなかった怪獣バラン。

その造形が特徴であり、手と足を広げて飛ぶと正にモモンガのような姿になる。
でも時代のためか空の戦いがやはり少なく、基本は陸戦か海戦に絞られてしまう。

人間側のドラマも薄く、もう少し脚本の作りようはあったと思う。

後のゴジラシリーズにも一度だけバランは登場したが、ほとんど活躍せずなのもしょうがない気がする。
同時期のゴジラやラドンの単体作品と見比べると明らかに見劣りしてしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ