ここから本文です

大怪獣バラン (1958)

VARAN THE UNBELIEVABLE

監督
本多猪四郎
  • みたいムービー 2
  • みたログ 85

3.00 / 評価:39件

自衛隊の描き方が近作に良く似てる

  • najarake さん
  • 2019年6月11日 12時08分
  • 閲覧数 300
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

バランを描く、というより自衛隊の活躍を、おそらく当局の協力を得て、戦車・艦船画像を動員して描いた作品。

バランの登場シーンより、自衛隊の作戦展開・武器の操作などの映像が多く、ややちゃちなミニチュア戦車が出て生きたりするが、本物も登場します。
きっと、自衛隊の装備拡充のタイミングで、国民へのPRもねらってたのではないでしょうか。

随所に、平成ガメラシリーズ、シン・ゴジラでの、怪獣に対峙する自衛隊の描き方とよく似ていて、参考にされたのではないかとも思えます。

バランはゴジラとは異なり、筋肉質で(今はやりの筋肉タレントみたいな)といったところ。
「日本のチベット」などは、「デスカバリー・ジャパン」の後の今、さらにgooglアースで、もう日本に秘境はなくなったんだなあ、と思わず・・・。

有名俳優はほぼ出演していなくて、ゴジラの後の「2匹目の怪獣」を狙ったのかも、定かではないように思いますが。

ハリウッド版怪獣映画がお盛んなので、怪獣発祥国の発芽を確認するには良作かと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ