ここから本文です

大怪獣バラン (1958)

VARAN THE UNBELIEVABLE

監督
本多猪四郎
  • みたいムービー 2
  • みたログ 85

3.00 / 評価:39件

テンポが重い特撮映画です。

  • mal***** さん
  • 2012年7月30日 16時28分
  • 閲覧数 741
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

1958年に公開された東宝の特撮映画です。

私も多くの映画ファン同様、子供のころに観た怪獣映画は今でも好きです。ただ、さらにディープ&コアな特撮映画ファンに比べれば、はるかに底の浅い特撮映画ファンですが、それを省いたとしても、本作は少々単純すぎる展開の映画に感じました。

本作が50年以上前の映画ということを考えても、大怪獣バランに対する攻撃が単調すぎ、またそれを食い入るように見つめる人々の姿も静かすぎて、シーン展開の流れがゆるすぎるように感じました。

本作はすべてが○○すぎで終わってしまった特撮映画で、この○○すぎが残念ながらプラスに向かっていないので、よほどの特撮映画ファン以外が本作を楽しむのは難しいかもしれません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • パニック
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ