ここから本文です

上映中

大魔神 (1966)

MAJIN. MONSTER OF TERROR

監督
安田公義
  • みたいムービー 22
  • みたログ 412

3.77 / 評価:155件

フォークロア特撮の金字塔

  • vap******** さん
  • 2020年10月7日 20時53分
  • 閲覧数 296
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

久々に拝見。ウルトラマンの放映と同じ年の作品。特撮物がブームの時代だけあって、本腰・気合いの入った大作ですね。時代劇と特撮を組み合わせるという、目から鱗の企画で、見ごたえあります。
 
 時代劇パートは悪政、仇討というオーソドックスな展開ですが、魔神の存在を各所でちらつかせて徐々に観る者に「目に見えぬ力」を意識させて、いくらかオカルトチックな要素も持たせている演出の上手さ。そして、少なくとも当時の日本人には”精神的拘束力”のある祟りや自業自得の業、といった道徳心を揺さぶる説話のような展開が訴求力ありですね。俳優陣は令和の今のキャスティングといっても違和感のないお顔ぶれで、古さを感じさせません。

 さらに、家族や仲間の大ピンチにあたって、乙女の純真な自己犠牲の涙が魔神を目覚めさせ、怒りをも鎮めるというカタルシスでとどめを刺されますね。音楽も恐れや迫力をよーく表現していました。

 そして何より、魔神そのものの表現の巧みさがスゲーッ!スケール感もちょうど良い大きさだし、動きも重厚感がよく出てる。魔神の背景の赤黒い空、沸き立つ暗雲がこれまた恐ろしさを際立たせているし、仏像にもあるけど、人間でもあんな顔の人いるだろうというあの怒った顔。怒っているのに、青い顔。その奥にはギョロっとした生身の充血した目!! 歌舞伎の見得のような所作。子供の頃観た時は怖かったー。今観ても十分凄いなと思います。
 
 ゴジラは世界的スターになりましたが、こちらの大魔神ももっと世界にアピールしてもいいと思えてなりません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • スペクタクル
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ