ここから本文です

転校生 (1982)

監督
大林宣彦
  • みたいムービー 102
  • みたログ 1,169

4.22 / 評価:313件

これぞラストシーン 思春期 ノスタルジア

  • hin***** さん
  • 2017年5月4日 1時33分
  • 閲覧数 1795
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画を知ったのは映画館で見た予告編でした。
当時中1か中2でしたが、その時見た映画が何だったか?覚えていなくても、
この映画の予告編だけは鮮明に覚えていますね。
特にその時は絶対に見たいとは思わなかったけど、
その数年後に見たときは衝撃を受けましたね。

ストーリーはありがちと言えばありがちなベタなもの
男女の身体がひょんな弾みで入れ違うことで起こる、
青春ラブコメディーで唯一無二の話ではない。
思春期の人、あるいは思春期を思い出したい人にはお勧めだ。
小林聡美はおっぱい出すし、思春期なので下ネタもいっぱい。
だけど旧文部省推薦になった映画です。
やはり素晴らしい映画だと思う。

途中まではそこまで素晴らしい映画か?と思う人はいるだろう。
特にアダルトサイトが萬栄している情報化社会に育った世代には、
全然おもしろくない、こんなのが名画?って思えるかもしれない。
しかしそんな思いはラストシーンの美しさに飲み込まれる。
それだけラストシーンは秀逸です。
モノクロの映像にシューマンのトロイメライが流れ、
走り去る車を追いかける和美(小林)の映像
そしてラストのシンプルな台詞
まさにノスタルジアの極みです。
いつ、何回見ても遠い思春期を思い出してしまいます。
こんな美しい思い出が自分の思春期にもあったらな~
もう一度あの頃に戻りたいな~
と思わずにはいられない、そんなラストシーンですね。
個人的にはニューシネマパラダイス、トイストーリー3、転校生
この3つが見た映画の中で三大ラストシーンですね
やはりノスタルジックなラストシーンはいい!余韻に浸れます。

自分もこの映画を見て尾道に興味が湧いて行きました。
撮影された場所は粗方見てきましたね。
流石映画の街ですね。尾道駅で菅井きんが撮影をしていましたw

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ