ここから本文です

上映中

時をかける少女 (1983)

監督
大林宣彦
  • みたいムービー 75
  • みたログ 2,211

3.66 / 評価:726件

恋心を感じた作品

  • yuw***** さん
  • 2021年6月25日 3時49分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

異邦人の少年。・・・ネタバレなしで言うと。
この少年は少女に恋したのだろうか。

それとも少女が先かな。
少女は二人の少年それぞれにときめきを感じる瞬間があったようだが。
そのうちの一人の存在が「実は不確かなもの」と知った瞬間、そちらの少年に引き寄せられた。記憶に基づくものとは言え、それは少女の優しさを表現してるように思えた。
そんな少女に、少年は恋心が芽生えたのだろうか。

・・・少女と、異邦人の少年に、もう少し演技力があったらこのあたりの心の動きももっと味わい深いものになった気もして少々残念だが。

この映画はそんな「恋の芽生え」みたいなものを表した映画だと思った。

不思議な現象の中で芽生えた恋は、その後発展するのかどうか。
不思議な魔法が解けた後でも、また再燃するのか。
そこは「想像におまかせ」的に終わってる。

「不思議な現象」のメカニズムをもっと知りたくなったり。
異邦人の少年の地元(?)の様子をもっと知りたくなったりしたが。
アニメのほうの「時をかける少女」でも言われていたみたいに、少女のいるこの場所自体が愛おしくなるような、そんな場所から来たのかなと想像してみたりした。

なんにしても恋心にあふれた作品かも。
監督は尾道に恋したかのよう。
情景のすべてから監督の恋心が伝わってきた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ