レビュー一覧に戻る
日本誕生

日本誕生

THE THREE TREASURES

182

tit********

5.0

映画 日本昔話

むか~し、昔の事じゃった・・・ 天の一番高い所に高天原という国があったそうな まだ天も地も固まりきらず地は油の様に浮かんでおったそうな その高天原に次々と10人の神様が生まれたそうな 最後にイザナギという男神とイザナミという女神が生まれたそうな 一番偉い神様は二人に地を住めるようにしてくれと頼んだそうな 二人が天から地をかき混ぜると一つの島が出来たそうな しかし島には花も泉もなかったそうな 二人は美しい国を作る為に夫婦になったそうな そうすると大きな島が生まれたそうな その島には爽やかな風が吹き、草も木も生い茂り 海にも山にも明るい光が満ち溢れたそうな その島が今の日本になったそうな・・・ そして二人には沢山の神様が生まれたそうな その中でアマテラスオオミカミには高天原を ツクヨミノミコトには夜の国を スサノオノミコトには海の国を治める様に言ったそうな・・・ このお話は映画の冒頭で語り部の お婆さんが語っている物を簡単に書きました。 さて本作は1959年に黒澤作品やゴジラの東宝が 映画製作1000本記念の神話&歴史スペクタクル映画であります。 主人公は日本神話の英雄ヤマトタケルノミコトであります。 そのヤマトタケルの冒険に荒ぶる神スサノオノミコトの冒険を 交えながら日本神話を分かりやすく語っている映画であります。 ヤマトタケルとスサノオを三船敏郎さんが一人二役で演じています。 他の出演者も豪華でそれだけでも見る価値ありです。 比較的馴染みのある天岩戸や八岐大蛇の物語も出て来ます。 古事記や日本書記に忠実なのか違うのかは私には分かりません しかし日本神話には抵抗を感じる方達がいるのは知っています、 ですが日本にも神話があると言う事を誇りに思い それを語り継ぐという事は意味があるのではないかと思います。 そして難しい問題は置いといても 海外のスペクタクル映画の様にファンタジー映画の様に この映画を多くの人達に観て楽しんで貰いたいです。 日本にも壮大で幻想的な映画があった事を知って欲しいです。 神話、歴史の映画だけでもなく 特撮、怪獣映画としても本作は貴重な存在であります。 スサノオが戦う八岐大蛇は今見るとチャチいかも知れません ですがこの八岐大蛇からキングギドラが生まれたのです。 特撮、怪獣やファンタジー映画ファンにはぜひ観て欲しいです。 映画ファンだけでなく「火の鳥」などを愛するマンガファン 「ドラゴンクエスト」などを愛するゲームファンにもお勧めです。 まだ小さいお子様にはこの映画のリメイクというか同じ題材の SFファンタジーアドベンチャーの「ヤマトタケル」がお勧めです♪ 八岐大蛇や怪獣も沢山出てくるしロボット風なのも出て来ますよ♪ 最後に・・・ 語り部のお婆さんの言葉で終わりたいと思います。 昔の話には美しい命がある、 空の雲の様に吹きすさぶ風の様に、 緑の草の様に、変わりのない命がある・・・

閲覧数505