日本沈没

TIDAL WAVE

140
日本沈没
3.5

/ 397

20%
30%
37%
9%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(116件)

パニック15.0%スペクタクル14.7%絶望的11.3%勇敢10.3%恐怖9.8%

  • lud********

    3.0

    懐かしい面々

    WOWOWで久し振りに観た。 この映画には思い出がある。 当時小学四年生。日本に返還になったばかりの沖縄に、父の転勤で住んでいました。 国際通りにあった映画館に母に連れられて観に行きました。 当時は道路がまだ米国式で、タクシーは軽自動車のバンでしたね。 いろんな事が違いすぎてインパクト強かったのか良く覚えています。 キャストは、今は亡き面々が若々しく登場。 映像も懐かしい。 楽しめました。

  • スーザン

    3.0

    当時の一大ブーム。

    まずこれは原作の小松左京恐るべし、である。 そして、当時の特撮技術を駆使して制作された本作もその映像のみならず、人間の、日本人としてのドラマを作り上げた。 当時の日本沈没ブームはそれはすごかった。 この後すぐにTVドラマが作られて、記憶の中で映画とドラマがごっちゃになっていたのだが、田所博士は両方とも小林桂樹さんだったのか。 2021年に放映されたTBSのドラマ版を観て、今作を再鑑賞したくなったクチだが、香川照之の田所博士はかなり小林桂樹をリスペクトしているのがわかる。

  • ivo********

    4.0

    自戒できる日本人の映画

    樋口真嗣監督・草なぎ剛主演の方と、どちらを観るか少し迷ったが、古いこちらを選んだ。この原作は、最近テレビドラマにもなったようだが、もちろん観ていない。 レビューは書かなかったが、同じ小松左京原作ということで、「復活の日」と共通点がいろいろあった。主人公が彼女に対して無責任で研究に没頭しているところなど。 本作は、日本人が持つ甘え、島国根性に対して自戒を促すメッセージが込められているが、リメイクされたものはその点が薄いのでは?(見てないのに適当なこと言ってるかも、だが)。 日本は、バブル期の人気テレビ番組「ここが変だよ日本人」が顕著なように、上り調子の時、繁栄している時には、どういうわけか、自戒的な内容のコンテンツが好まれる。 現在のように、日本賛美の話題が若者に好まれている時点で、それこそが、今の日本が沈没している証拠なのではないかな? 追記 個人的なことだが、最近、「レミニセンス」「タイタニック」「日本沈没」と続けて観ていて、自分では全く無意識に、水没していくお話ばかり選んでいる。 こういう風に、共通点を持つ映画を連続して選んでしまうことが、時々起こるので毎度不思議だ。

  • ゴン太

    5.0

    生々しい

    緊張感のある映画です。 今のCG映画は、すっげーとなるけど、 特撮って妙に生々しい。 建物の倒壊。屋根瓦の飛び方、炎の出方。水が襲ってくる様。 CGに慣れている人にほど、細部をキチンと見てもらいたい。 色んな意味で、凄い映画です。

  • stanleyk2001

    4.0

    日本人は世界で生きていけるか?

    日本沈没 TIDAL WAVE 1973 2006年版映画では日本は沈没せずに踏みとどまった。2020年版Netflixアニメでは日本は全部沈没してほんの一部が隆起した。作画もほぼ崩壊していた。2021年のTBSドラマでは北海道と九州南部と薄っぺらいチープさが残った。 さて本家本元の映画はどうかなと観てみた。期待を裏切られなかった。演技力のある重厚な配役。スケールの大きな特撮。そして日本列島は残らず沈没して主人公カップルは西と東に生き別れて終わる。 日本人は世界中に散らばってしまった。これからどうなるのか?不安と絶望の中に観客を残して1973年版は終わる。容赦がない。小松左京と73年版映画は問いかける。 日本人には世界中に散らばって生きていけるのか?同じ民族、同じ言語を使うぬるま湯の中でぬくぬく生きて来た日本人よ。空気を読み合って相手を傷つけない様にして(身内ではない人間には厳しく罵倒して)生きて来た日本人は、言いたい事を言い、権利を主張する外国人達とやって行けるのか? 日本人脱出計画に協力する影の大物・渡老人は総理に3つの封筒を渡す。学者達に造らせた計画案だ。 渡老人「三番目の計画は『何にもしないで日本人全員が日本列島と共に運命を共にする』というものだ。学者達はこの結論に傾きかけた」 日本列島にしがみつく、日本の中だけで通じるやり方に固執する日本人は沈んでしまえと言う呪い。 自分は沈んでしまった方が良い様な島国根性の夜郎自大な人間になっていないか?厳しい問いを投げかけられた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


藤岡弘小野寺俊夫
いしだあゆみ阿部玲子
小林桂樹田所博士
滝田裕介幸長助教授
二谷英明中田(科学技術庁)
中丸忠雄邦枝(内閣調査室)
村井国夫片岡(防衛庁技官)
丹波哲郎山本総理
伊東光一外務大臣
松下達雄通産大臣
河村弘二建設大臣
森幹太防衛庁長官
鈴木瑞穂科学技術庁長官
垂水悟郎総理府長官
細川俊夫官房長官
加藤和夫[俳優]三村秘書官
中村伸郎野崎(政府特使)
島田正吾渡(政界のフィクサー)
角ゆり子花江(滝の孫娘)
梶哲也海洋学者
稲垣昭二調査団員
内田稔調査団員
大木史朗調査団員
吉永慶気象庁技師
宮島誠巽丸船長
大杉雄二航海士
神山繁吉村運行部長
高橋昌也山城教授
近藤準大泉教授
竹内均竹内教授
石井宏明科学技術庁技官
今井和雄総理府係官
早川雄三防衛庁統幕議長
中條静夫本部委員の学者
名古屋章DI公安員
斉藤美和総理夫人
アンドリュウ・ヒューズオーストラリア首相
ロジャー・ウッドオーストラリア高官
大類正照TV司会者

基本情報


タイトル
日本沈没

原題
TIDAL WAVE

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル