ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

呪いの館 血を吸う眼 (1971)

LAKE OF DRACULA

監督
山本迪夫
  • みたいムービー 4
  • みたログ 26

3.89 / 評価:9件

岸田森演じるドラキュラに違和感なし。

  • mal***** さん
  • 2013年11月11日 16時37分
  • 閲覧数 732
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

1971年に公開された東宝の”血を吸う”シリーズ第2作目。そして、いよいよ本作で岸田森演じるドラキュラが登場します。

でも、よ~く考えれば日本人がドラキュラを演じ、おまけにかなりの正装をしているにもかかわらず、岸田森演じるドラキュラは違和感ゼロであり、それが不思議といえば不思議なんですが、最初から?あ~そういうもんだよね?という感覚になります。これは本作公開時の映画の看板を観たときにも思っていました

本作は制作過程で和製ハマー・フィルムを目指したというだけあって、セットのひとつにしても、そしてどんな映像にもおどろおどろしさがあり、出演する俳優陣も変に怖く思てしまうので、単純な展開も楽しめてしまいます。

ホラー映画はスプラッターにしなくても、雰囲気だけで十分に怖がらせることができることをあっさり証明する本作。そう思うと、岸田森という魅力ある俳優の早すぎる死が実にもったいなく、いまさらではありますが追悼の意味を込めて、☆を一つプラスさせていただきます。

「呪いの館 血を吸う眼」は、まさに怪優による怪作です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ゴージャス
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ