未来の想い出 Last Christmas
3.2

/ 52

17%
23%
35%
13%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(18件)


  • i_d********

    4.0

    デビッド伊東はいい男

    正直駄作だと想ってましたが、清水美沙と工藤静香のやりとり、それぞれの意中の相手とのやりとりには結構じーんとくるセリフや仕草があふれてて共に笑い、涙できるような仕上がりでした! タイムスリップのメカニズムとか話の締めくくりにはタルさも覚えなくもないけど、 単なるご都合主義とかで人生も運命も幸せにはならない、という描写は結構納得しました。 そのときそのとき諦めずに楽しみながら精一杯今を生きるというのが、素敵だなあと。 とういうわけでだいぶ甘くして、7回ぐらいタイムスリップして見直したと仮定して★プラス1しときます。 メリークリスマス!

  • sss

    1.0

    タイムスリップ

    くだらない。 早回しで観た。 ただ昔に戻ってありきたりな展開になるだけ。 話に工夫無しで見る価値無し。 /2.5(202106)

  • kis********

    3.0

    涙腺ゆるんだ

    クリスマスの夜に見ました 巨匠の先生方が一同に会している場面で、なぜだか涙が止まらなくなりました

  • jac********

    3.0

    メモ

    2016年1月2日 清水美沙がかわいい。 太田光代夫人を確認。

  • h88********

    3.0

    工藤静香さんが綺麗でした

    ずいぶん古いものを見つけてしまいましたが面白そうだったので興味をひかれました。 若い頃の工藤静香、きれいだなー。 なかなか懐かしい人たちがそろっていてそれはそれで楽しめました。 未来がやり直せるわけはないけれど、やり直してみたいなと思わないようにどんな瞬間でも自分が間違った選択をしないようにしないといけませんね。 してしまうのが人間なんでしょうけど…。

  • woo********

    5.0

    始まりから終わりまでクリスマス

    定番クリスマスソング ワムのラストクリスマスを始め 1980年代の邦楽が・・しみる~! 藤子・F・不二雄原作とな。 わくわくしてみたら 本当に素敵なファンタジーであるうえ これでもかと、次々に出てくる 有名人ばかりのキャストに目がキラキラ。 幸せとは言えない人生を送っている 2人の女性が街角で出会い 友情を深める。 でも、連日で2人とも事故死してしまう。 目覚めると・・・? そこは10年前! まさかと思いつつも 記憶は変わらないまま二人は再会。 そして、せっかく10年後の世界を知っているのだからと 競馬に宝くじ、予想屋さんまでやって 売れる漫画・商品を先取りして お金持ちになった2人。 でも・・もしかしたらまた10年後には 死んでしまう運命なのかも。 易者である銀子(工藤静香)が最初に言っていた 「運命は自分で切り開くものよ」 死なない運命だって作ることが出来るかも。 寂しい女2人にも 心から愛する人が出来たとき 「もう死にたくない」 と祈る。 2人の友情、愛情。 切ない恋物語も。 すごくかわいいお話だと思った♪

  • han********

    4.0

    10年前

     未来は決まってなんかいない。自分で切り拓く余地がちゃんとある。 このことを納得できるように教えてくれる作品です。

  • さくら

    4.0

    私は好き!

    ずいぶん前の映画ですが前の方のユーザーレビューを読んで書きたくなりました。 私はこの映画好きです。Yahoo!の動画で観たのですが私のPCではちゃんと映らない環境(時々動かない画像)で寝ようとしてたときにたまたまみつけて惹きつけられました。どうなるのだろうとドキドキしながら観ました。何が原作かなんて全然予備知識もなく観ました。何が幸せかなって考えてしまいました。人それぞれいろんな幸せがあっていくつも失敗を繰り返して気付くことがある。お金が稼げれば幸せじゃなくて、やりたいことをやれる幸せ、好きな人と一緒にいられる幸せ、いろんなことを考えました。

  • R1

    4.0

    人生が二度あれば

    人生が二度あればいいのに そんなこと思ったことはありませんか? 1981年 売れっ子の漫画家を目指す遊子(清水美砂)は出版社に持ち込んだマンガが一足遅かった為に採用されなかった 先にライバルが持ち込んだアイデアと酷似していたのだ うだつのあがらないまま10年が過ぎた 1991年 クリスマスの夜に遊子は銀子(工藤静香)と出会う 銀子は憧れていた人とは別の人と結婚して退屈な日々を送っていた 翌日、出版社主催のゴルフでホールインワンを出した遊子は、その場で倒れ命を落としてしまう 遊子が目を覚ました時、そこは10年前の1981年だった 未来の記憶を持つ遊子は、これからヒットする他人のマンガを盗作、先に発表して売れっ子漫画家になった そんな時、あなたの秘密を知っていると脅迫状が届く 送り主は同じ日に亡くなり、同じように人生をリプレイしていた銀子だった 銀子も、今度は憧れだった人に近づき、株などで大儲けして経営コンサルタントになっていた 果たして二度目の人生は思い通りに幸せになれるのか? 人生を振り返れば後悔はあります あの時、あの一言が云えなかった 何であんなこと云ったんだろう どうせなら試せば良かった こうすれば良かった あの時は良かれと思っていたけど・・・ 数え始めたらきりがない 大昔から占いや予言などがあるように人は未来の出来事にとても興味を持っている 誰もが皆、先の分からない不安な道を走っているのだから これから起こること全て知って人生をやり直したら幸せになれるのだろうか? 藤子F不二雄の原作を森田芳光が演出して、とても分かりやすいテーマとストーリーです 人生は一度しかないから精一杯走る だから幸せになれるものなのかもしれない

  • たまじゃり

    5.0

    心に残る一本

    レビュー書くのは初めてです。 ただ、この映画の評価が低いんで、そんな事無いんだよと。 そう言いたかっただけです。 よろしく。

  • あみ

    3.0

    藤子不二雄さんらしい作品でした。

    時間だけを戻せたら・・人生がやり直せたら・・一瞬、夢が膨らみました。 思い通りの人生になるまでやり直せたらそりゃ~楽しいでしょうね。 でも人生はやり直すものじゃない。本来の自分ではなくなってしまうから。。

  • dog********

    5.0

    素敵な世界観

    藤子f不二夫さんの描くファンタジーの世界を、森田芳光さんがアーティスティックに叙情あふれる演出で映画化。 この映画の世界が僕にとっての東京であり、クリスマスでした。 工藤静香さんも清水美砂さんもこのころはすごく素敵に見えました。 (バブリーな雰囲気もあったとは思うのですが・・・・) 和泉さんはまさかあんなに落ちぶれるとは夢にも思わなかったですが・・・・ 森田さんの映像はどれも好きです。 メインテーマ、おいしい結婚、キッチン、ハル、間宮兄弟、どれも、どこかアートとしての場面作りをしてる部分があってみてて心地よくなります。 やっぱ天才なんですね。 人間ドラマとしても魅せてくれます。

  • mom********

    5.0

    人生やり直しますか

    クリスマスシーズンにピッタリな映画。 上手くいかない人生をやり直したいと願った二人の女性が 未来の記憶を持ったまま過去の自分に戻ってしまうのを 繰り返すお話。 原作はドラえもんの作者の藤子・F・不二雄さん この映画の中にはバブル時代のヒット曲が流れたり 懐かしい映像が出てきたりと 別の楽しみ方もできます。 赤塚不二夫さんや藤子・A・不二雄さんがチラリと 出演されてるシーンなどもあってお勧めですよ。

  • スカイヤーズ

    4.0

    この傾向の作品を探しています!

    楽しい作品ですが、この作品を鑑賞した後、もう一度人生を 見つめ直す機会を与えてもらったような気になります。 タイムトラベル物の時間におけるルールは作品により異なり この作品は「時をかける少女」とは基本的に違うので ある意味、安心して見られます。 正直言いますと出演されている方々が、一部を除きあまり好きでは ありませんでしたが、内容的に好みのファンタジーで良かったと思います。 死んでは人生を繰り返す二人の女性の物語で、タイムトラベル特有の ドキドキの展開が用意されており、最後まで気が抜けません。 そして、バックには名曲、ワムのラストクリスマスが流れ、このファンタジー を一層盛り上げてくれます。 「人生は自分で切り開くもの」 その言葉が強く生きてきます。 二人に本当の幸せは来るのでしょうか? 死んでは繰り返す運命を変えることが出来るのか? 原作は、藤子不二雄さんなので、今回、ブラック色で攻めてくるのか、 ハッピー色で攻めてくるのかは見てのお楽しみです。 連休に突入です、事故などに気をつけてお過ごしください。                  終

  • bar********

    2.0

    さすがトレンドリーダー森田芳光

    グリムウッドの「リプレイ」を藤子不二雄でやるという乙な企画。 キャストもさすがにトレンド。ゆえにかなり恥ずかしい感じに。もういつの時代がダサいのかすらわかんない。 一番貴重なのは、やはり今は亡き大漫画家先生たちがパーティーシーンで勢揃いしているところか。とにかく日本の映画監督はセンスオブワンダーがないことを再認識。

  • gre********

    3.0

    ネタバレ未来の想い出

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • na_********

    3.0

    ネタバレひとつの未来と、友情のおしえかた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mar********

    1.0

    原作と違うだけで観る価値の無い映画

    藤子・F・不二雄の原作を入手できず観たのだが、主人公が女になってる時点で興味がなくなった。藤子そっくりな主人公という設定が原作の魅力だからだ。 映画を純粋に楽しむにも昔のドラマの様な浅はかな恋愛物で今の時代に観て面白いものではない。見所はトキワ壮のメンバーが出るとこぐらい。 もし原作そのままだったら藤子ファンにとって価値ある映画だっただろうが、その価値も無い映画。

1 ページ/1 ページ中