連合艦隊
3.8

/ 165

35%
25%
27%
11%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(40件)

泣ける17.8%切ない16.3%勇敢15.5%悲しい14.0%絶望的9.3%

  • sks********

    4.0

    オーソドックスな正統派戦争映画

    非常にオーソドックスな純和風戦争映画という感じ。戦前から大和撃沈まで146分という長時間をかけて描いている。 時間が長いので集中力の持続が難しいが、何回かに分けてでもじっくり観た方がいい。 40年前に製作した映画であり、特撮技術の部分はやむを得ないだろう。 映画の力で戦争の悲劇を語り継いでいくことも大切なことではないかと思った。

  • phantom408

    5.0

    登場人物全員が主役です

    (戦争映画の王道は群像劇) この作品は それぞれの場面で主役が異なり 見終わって見つめ直しても 全体を通じた主役は存在せず 言わば全員が主役 それは あの激動の時代に生きた全ての日本人が 主役なんだよ!と監督が語ってる気がする 主役はコイツだ!と完全に特定出来る作品は 群像劇度が低く 戦争映画の王道から外れてしまう為 あまり宜しく無いので そう言う意味で 本当にこの作品のシナリオは 群像劇として秀逸で有る! 因みに群像劇の内容は確かにフィクションでは有るが あのような家族の物語は 実際に無数に存在していたと確信するので まさかと思うような 引き返した護衛戦闘機のエピソード等も含め 殆どノンフィクションと言って良い 内容です (特攻等の突入場面や撃墜されてしまうシーンは実際の記録映像をそのまま使用してる為、最早それらを絡めた劇中映像はフィクションを超越しています) それと実際に 対米戦に従軍した兵隊さん達や 元海軍士官やカミカゼの生き残りが 制作したり出演した 最後の戦艦大和と帝国海軍の映画ですから 非常に考え深い 意義有る作品でも有りますし そう言う意味では もう二度と作る事の出来ない 貴重な作品でも有ります 因みに アメリカ人の役者が一人も登場しないのは 群像劇の中に彼らを入れたく無いと言う気持ちの現れなのかな? と言う気がします! そのため主役はどの場面も 最後まで 全編日本人です そして もう一方の主役 20分の1スケールの彼女は 長い間 実際に触れる事の出来る 有る意味(本物)の大和として人々の想いを受け止め続けましたが 呉の10分の1スケールの彼女が生まれて間もなく まるで役目を終えたから もう良いですよね?と言わんばかりに 神風?に導かれるかのように転覆大破して 冥府へと旅立ちました 模型の大和までもが レクイエムを誘う最後で 胸が締め付けられます そして繰り返しますが この作品は 米国と実際に戦った嘗ての兵隊さん達が作りそして演じた 大東亜戦争と戦艦大和を描いた 最後の映画です。

  • gw7********

    3.0

    今はもう作れない映画

    前年に公開された東映「二百三高地」に影響されて東宝が急いで作った超大作。重厚な俳優陣の共演や巨大な大和の模型、谷村新司による情感溢れる主題歌など当時かなり話題になったのを今でもはっきり覚えている。 内容は東宝映画の集大成ともいえる内容だ。終盤の大和の戦闘シーンは現代のVFXからするとリアル感にかけるが、本物の水と火薬を駆使した東宝特撮は海軍出身の監督や脚本家による本編と見事がっちしていて見ごたえがある。近年製作された日本の戦争映画をいろいろ見たがどれも俳優たちが軍人に見えず軽さを感じる物ばかりだった。もう日本でこのような映画は作れまい。

  • 備中

    5.0

    連合艦隊

    今まで視聴してきた映画の中でも最高傑作だと思っています。 初めて視聴したのは随分と前ですが、とても良い作品なので5、6回程見返しています。これほどのスケールで大和や瑞鶴が登場して戦闘を繰り広げる映画もあまりありません。是非一回は観たほうが良いと思います!

  • tos********

    4.0

    見所は戦史と、キャスト

     当時のオールスターキャスト邦画大作は、どうも重すぎるようで観る気がしませんでしたが、これは観ておこうかなと。    真珠湾攻撃から大和沈没までの戦史と、架空の市井の二家族を絡めたドラマ。日本は真珠湾攻撃の失敗(成功ではない)でつまずき、翌年にはミッドウェイでの大敗と、開戦早々どうしようもない状況に陥りながら、その後3年も戦争を続行、もう悲痛でしかない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


小林桂樹山本連合艦隊司令長官
永島敏行本郷英一
金田賢一本郷真二
古手川祐子早瀬陽子(英一の婚約者)
中井貴一小田桐正人(特攻隊員)
丹波義隆茂木(瑞鶴搭乗員)
財津一郎武市(大和工作科分隊士)
三橋達也草鹿参謀長
高橋幸治宇垣参謀長
中谷一郎有賀大和艦長
小沢栄太郎永野軍令部総長
金子信雄南雲機動部隊司令長官
奈良岡朋子本郷歌子(英一、真二の母)
丹波哲郎小沢機動部隊長官
鶴田浩二伊藤第二艦隊長官
森繁久彌本郷直樹
長門裕之武田瑞鶴乗組員
佐藤允工藤瑞鶴搭乗員
佐藤慶神連合艦隊先任参謀
なべおさみ森瑞鶴乗組員
平田昭彦下田瑞鶴飛行長
中山昭二駆逐隊司令
佐久田修大江中尉
遠藤公一青木二飛曹
伊藤敏孝大川一整曹
長谷川論野村飛曹
友里千賀子小田切照代
里美奈保小田切美代
松尾嘉代芸者鈴川
石田茂樹新聞記者
浜田寅彦町内会長
南道郎黒島先任参謀
北浦昭義渡部戦務参謀
六本木真大石先任参謀
斎藤真源田航空参謀
藤田進及川海軍大臣
田崎潤豊田大将
藤岡琢也福留軍令部部長
橋本功富岡軍令部課長
織本順吉大林参謀長
加地健太郎大前先任参謀
安部徹栗田第二艦隊長官
近藤宏小柳参謀長
富田浩太郎山本先任参謀
伊吹徹大谷作戦参謀
神山繁瑞鶴艦長貝塚
長谷川弘瑞鶴艦長野元
高並功新谷大佐

基本情報


タイトル
連合艦隊

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル