レビュー一覧に戻る
羅生門
2008年11月29日公開

羅生門

882008年11月29日公開

kus********

4.0

人それぞれの見方、感じ方の違い

自分のいちばん好きな解釈として、喋るときに多少の色付けはあるにせよ、証言者各々は嘘をついているのではなくて本人たちの主観からの見方、感じ方で起こったことを証言したらそうなったのだというもの。 第三者はそれを聞いてそれぞれがあまりに違うため愕然とするが、それは各々が嘘を付いていると思ったため人間が信じられなくなるという… 人間は自分勝手、自分本意なものだ。それが良い悪いではなくそのように出来ているのだから…

閲覧数1,631