ここから本文です

近松物語 (1954)

監督
溝口健二
  • みたいムービー 31
  • みたログ 315

4.24 / 評価:139件

おさん茂兵衛 あ、この設定!!

  • lig******** さん
  • 2019年11月18日 19時00分
  • 閲覧数 514
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

思いやりのかけらもない金にしか執着しない夫、世間体ばかり気にする母親、本当に自分が生きている実感のない良家の女性が、身分の低い男性との愛に目覚め苦難には合うものの生き甲斐と幸せを感じる。
そして、一度は船の上から水に飛び込んで死のうと決心したものの、男の愛に気付き、生きていく決意をする。
ここまで読んで、これ「タイタニック」に見えませんか?でもこれ近松物語の話です。だいぶ船の大きさは違うけど。そこ一緒です。
もちろんこれは普遍的な男女のテーマなので必ずしもジェームスキャメロンが下敷きにしたとは言えませんが同じような設定だと思いました。
結局、ジャックは死んでしまいローズは大変な悲しい思いをするのですがさて、ローズはそれでもジャックと出会ったことがよかったのか、人を愛した方がよかったのか?というテーマの答えは、ラストシーンの100歳になったローズの枕元に飾られた写真、飛行機を操縦士、馬に跨り生き生きと生きた彼女の生涯で分かります。
同じように、さらしものになり縛られて刑場へと連れて行かれていく時に手をつなぎ晴れ晴れとしたおさんの表情が答えになっている。非常に悲劇的な結末ですが、それでもこう生きた方が良かったという結末にも共通点を感じました。
おさん茂兵衛 ジャックとローズ 男の女のバカだけどそうしか生きられない人たちの物語は時代を超えた真実なのでしょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ