ここから本文です

楊貴妃 (1955)

監督
溝口健二
  • みたいムービー 2
  • みたログ 60

3.78 / 評価:18件

シナリオがよくないんじゃないかしら?

  • あでゅ~ さん
  • 2008年8月6日 15時28分
  • 閲覧数 455
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

溝口さんのシャシンの醍醐味は
時代物を撮りながらも
実社会の深い真実をえぐり出しちゃうような

寓意っていうのかな…
やっぱり話の構造が重要なんだと思います

なのに この映画にはその片鱗もなくて…

玄宗皇帝の回想からはじめたところで
失敗しているっていうか
その先がなかったっていうか

がっかりな…

俳優さんの演技も
軸がなくってやりづらそうだし

ステキな場面もありますよ

楊貴妃と皇帝がお忍びで
庶民のお祭りにでかけるところとか
とくに
男たちに飲め飲めと酒を煽られてから
貴妃の踊りと皇帝の琵琶のセッションに
入っていく長回し
また翌朝の二人のすがすがしさ

京マチ子さんの
古代的な美しさも

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ