ここから本文です

朱雀門 (1957)

監督
森一生
  • みたいムービー 1
  • みたログ 16

3.67 / 評価:3件

解説

 川口松太郎の『皇女和の宮』を、八尋不二が脚色し森一生が監督したメロドラマ。幕末における悲恋の行く末を、市川雷蔵、若尾文子、山本富士子が演じた。宮川一夫の撮影にも注目。  幕末、皇女和の宮は有栖川熾仁と婚約していた。そして和の宮の侍女である夕秀もまた熾仁に惹かれていた。しかし公武合体を策す幕府は、和の宮を徳川家茂の正室とすることを決めてしまう。夕秀は熾仁と和の宮を京都へ逃そうとするが、父の友房に阻まれてしまった。和の宮は御所に引き取られ、夕秀は僧侶に伴われ熾仁の隠れ家に連れて行かれる。そこで熾仁と夕秀は寝食をともにし、やがて熾仁は夕秀の魅力の虜になっていった。それを知った和の宮は将軍家への降嫁を承諾する。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ