107
3.5

/ 77

14%
40%
31%
10%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • sou********

    4.0

    谷崎先生、市川先生、流石です!

    妄想学部妄想学科としましては、谷崎潤一郎の文章が好物でして…。 機関車の車両連結3連発とか…最高です(笑)。激しく頑張った比喩表現が面白すぎです。 なんやろなぁ…色彩感覚が谷崎潤一郎っぽい。良い塩梅ですよ、印影の感じとか。ねっとりした情景に、やけに質感をしっかりと映し出す肌。ムダ毛がうっすらってのが余計に素晴らしい(笑)。妄想学部妄想学科としては拍手喝采です! あ、ストーリー? 僕が、金持ちなエロ拗らせなら理想郷ですなぁ。いろいろ自己のエロさ極めて、一周回って衰えた体力で辿り着くベテランの境地でしょうか?嫁との微妙で絶妙な関係性も凄いよね。PG新婚さん?的な。 オチの為に設定されたわかりやすい伏線と、登場人物全てが何処か間の抜けた回収にも笑ってしまいます。霊柩車の行列のシュールな事! コレ、笑かし狙ってますよね!?

  • cyborg_she_loves

    4.0

    独特の美意識

    価値観やセンスは時代と共に変わるものですが、とりわけ「エロス」に対するセンスは、この60年で別世界のように変わったんだな。  と、実感させられます。  「あまりに激烈な官能描写のゆえに映倫によって成人映画に指定された」というから、どんなもんかと思って見てみたら、は? これのどこが? という感じでした。  ヌードがない(全裸であることが暗示されているのみ)のはこの時代ですからわかりきってますが、もっと心理的な官能性というか、見ているこっちの隠れた倒錯した欲情を刺激するみたいな描写があるのかと思ったら、そういう点でもものすごく控えめです。  最近の映画は倒錯性欲でもイヤというほど生々しく描くのが普通になっちゃってるんで、そういうのを見慣れてしまってる目で見たら、これを官能映画として楽しめる時代は、もう終わってるなと痛感します。  でも、だからもう見る価値はない、っていうふうにならないところが、市川監督の才能なんだろうなと思いました。  当時の観客はオニ女に見えて寒気を感じただろう京マチ子さんのこのメイク。私は普通に、美しい、色っぽい、と感じました。アニメからそのまま出てきたみたいなブッ飛んだメイクしてる女性がそこらじゅう歩いてる今、むしろこれぐらいのメイクの方が素直に自然に色っぽく感じる。  京マチ子さんとの対比で色気も魅力も何もないという設定の叶順子さんは、いやいやどうして、すごくかわいくて、魅力的です。  ものすごい極端なメイクとキャラクター設定で観客の肝をつぶすつもりで作った映画なんでしょうが、今のセンスで見ると、むしろその端正な美意識がとても心地よく感じられます。  最後の結末は、(ネタバレになるので具体的には書きませんけど)愛欲と憎しみの果てにこんなになっちゃった、という光景が描かれるわけですが、これがまたそんなに残酷な感じが私はしませんでした。  結末に出てくるこの刑事たちのマヌケさ加減も含めて、まあ本気で恐怖感を抱かせるように作られた映画じゃないですね。  独特の美意識を堪能できる映画だと思いました。

  • ot1********

    2.0

    個人的には

    谷崎潤一郎の文学に共感できないので、市川崑がどう味付けしても、良さがわからないわ。

  • drm********

    3.0

    くすっと笑える

    ラストは絶妙でした。 怖いことなのに笑えてしまう…。 さすが市川監督! みんなやけに顔が白いのは犬神家かと思ってしまいました。 独特のテンポに引き寄せられます

  • kos********

    3.0

    ネタバレホラー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shinnshinn

    5.0

    真面目に見たらダメです(笑)

    とても奇妙な味わいの映画です。中村雁治郎が京都(違ってたらゴメンナサイ)の古美術鑑定士で地元の名士を演じています<頑固で気難しい役はこの方の十八番なのかも>。京マチ子が歳のはなれた美しい奥さんを演じます(独特のメイクで笑った)。年齢的な衰えを感じている初老の主人公(中村)が、お風呂場で気絶してしまった奥さんの裸体を、若い病院のインターン(仲代達矢がコミカルだ)にわざと見せ、それを密かに喜んでいるという、ちょっとどうなの?と少し笑える映画。これだけだと安いAVのようなのですが、谷﨑だと立派な文学。宮川一夫が撮ると立派な文芸作品。音楽は芥川也寸志です。アグファ・カラーなので朱色の赤が鮮やかなのですが、フイルムの劣化による退色のため、公開当時の色調は想像するしかありません(竹林なんかはもっと鮮やかだったのでは)。 もともと市川崑が特に好きな訳でもなかったので、初めは星3つぐらいだと思っていたのですが、ざっと見返して、これは喜劇だったのかと割り切ると、傑作に見えて来るから不思議です。 全編に渡って暗めのトーンで、家族愛のかけらもない映画なので、決して観ていて楽しくはありませんが、ゲンナリするほど陰々滅滅という訳でもありません。とにかく真面目に見たらダメです(笑)。 ラストがやや衝撃ですが(伏線はミエミエだが)、落としどころには何やらユーモアが感じられます(このラストはどうやら原作とは違うらしい)。本作のあと、今までに4回もリメイクされたらしいが、そんなに深淵なテーマにも思えない(笑)。

  • サンゴ

    3.0

    薄気味悪いダーク・ファンタジー

    どう評価したらいいかさっぱりわからない。 面白くないわけではない。 いや、たぶん面白い。 特筆すべきは女優さんのメイク。 ヒロインの京マチ子さん、叶順子さんのメイクがどう見ても変なのだ。 叶順子さんのほうは太い眉をわざと大袈裟にへの字型の怒り眉にしていて、京マチ子さんのほうは細い眉を目頭からまっすぐ斜め上に一本の線を引いている。 まるで歌舞伎か何かの舞台化粧みたいだ。 おそらく、この物語の異常性をこの異様なメイクで現しているんだと思う。 異様なメイクをした二人のヒロインは、人間よりも化物に見える。 たぶん、そう見せたかったんだと思う。 出てくる人々はほとんどセリフを棒読み。 特に物語のキーパーソンである仲代達矢は、びっくりするほどの棒読み。 これもわざとだと思う。 独特の気持ち悪さを醸し出している。 登場人物全員が気持ち悪くて、ホラーでもないのにホラーみたいに見える。 人間の醜さを描いたんだと思うが、ここまで感情のない棒読み人間などなかなかいないし、それが数人も一同に集まることなんてまずない。 だから、まあ、早い話がダーク・ファンタジー。 これが人間だ! これが人間の醜さだ! と市川崑監督は訴えたかったのかもしれないけど、こんな人たち見たことないからなあ。 やっぱ、これはダーク・ファンタジーなんだと思います。 ヘンテコ映画が好きな人なら、たぶん好きだと思う。 一見の価値はある。

  • bur********

    3.0

    大映が倒産したのは猫の祟りだったりしてw

    九条のシネ・ヌーヴォの市川崑の生誕100年記念映画祭にて初鑑賞。 仲代達矢演じるインターンの医者木村がスクリーンのこちら側に向かって話しかける冒頭のシーン、主要人物がそれぞれ登場すると一旦締めくくるように一時停止するシーンなどは面白い。しかし、それ以降はラストの木村のモノローグ以外は普通に撮られており、台詞回しやメイクは独特のものはあるものの、なんだかちぐはぐな印象を受けました。 昔の映画なので仕方ないのですけれども、“行為”のメタファーとして“汽車”の映像を見せるのは現代の我々からすると失笑ものです(^^; 京マチ子演じる郁子が玄関口に野良ネコが現れたのを見つけて「まあ可愛い!」と言ってミルクを与えようとします。ネコがミルクの入った皿に寄って来ますが、怪我をしてるのか足を引きずっています。すると、それを見た郁子は「穢らわしい!」と言って玄関から放り出すのです。 これは、中村鴈治郎演じる夫の剣持も足を引きずっており、郁子がネコと夫を重ね合わせたことによって夫を嫌っていることを示唆していて、貞淑な妻というのは表面だけという、なかなか巧い演出です☆ 剣持は、郁子と木村の逢瀬を覗き見したり、自身が郁子の裸を撮影した写真の現像を木村に依頼します。それで嫉妬心を抱くことで若さを呼び起こすと、かなり倒錯していますし、京マチ子の身体も肉感的ですが、性愛を描いたものではなく、もっと本質的な人間の持つ自分本位の生き方の醜さを描いたもののように思いました

  • tit********

    4.0

    婆さんのウルトラC

    物語の前1/3は、古美術鑑定士と妻、娘、婚約者の陰湿な腹の探り合いのようなやり取りが続いて退屈であったが、妻が飲酒して故意に?風呂で卒倒し、裸体を披露するあたりから、各者が自分の性癖と打算をあらわにし、ぐっと面白くなってくる。いずれも上品の皮を被った輩の下品合戦で、それなりの見応えがある。 とは言え、当時は話題性のある作品だったかも知れないが、今の感覚からすれば、何とも古めかしい匂いのする昭和奇譚である。 ただ、主人を想う老下女が素知らぬ顔で一家を総括するエピローグは、なかなかのブラック・ユーモアであった。

  • al2********

    4.0

    市川崑監督

    谷崎潤一郎原作の「鍵」の最初の映画化作品 市川崑監督は原作の官能性と人間の性の奥深さと暗部というエッセンスを見事に映像化しています 1959年公開当時に18禁になったのはポルノ的いやらしさというよりあくまでも人間の怖さと精神的なエロさが表現されてて衝撃的だったからでしょうね 今見てももちろん京マチ子の艶めかしさなど視覚的なエロさもすごいですがそれ以上に登場人物たちの心の闇の部分を淡々と演出してて思わず寒気がする怖さがあります また室内照明の使い方や登場人物たちの独特なメイクが物語の異様性、雰囲気を高めています いくら文芸作品とはいえ一歩間違えれば下品なポルノになりかねない題材を国内のみならず海外の映画祭でも評価されるほどの名作に仕上げたのはさすが市川監督の才能ですね 同じ年の戦争映画の傑作「野火」と同様人間のリアルな姿を全く違う視点で映像化したのが同じ市川監督というのが驚きでありすごいと思います

  • いやよセブン

    3.0

    メイクが独特

    谷崎潤一郎の小説の映画化で、監督は市川崑。 古物鑑定のじいさん(中村鴈治郎)、とても色っぽい奥さん(京マチ子)、美人じゃない娘(叶順子)と婚約者の医師(仲代達矢)。 このじいさんは変な趣味があって、奥さんを裸にして眺めるのが好き。 奥さんは欲望を満たすため娘の婚約者と出来ている。 女性二人のメイクが強烈で、忘れられない。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ変な眉毛だな~

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • le_********

    5.0

    ネタバレメイク、間、視線で薄気味悪さをさらに演出

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • vez********

    2.0

    きっと良い作品なのだとは思いますが…

    う~ん。含蓄のある作品なのかもしれません。 きっと良い映画なのでしょう。 しかし、ストーリー展開のテンポが遅すぎます。 この作品のあとも、同じ作品が映画化されているようです。 その全部を見てはいませんが…。 さしあたり、私は、そちらの作品に期待したいと思います。 (H20.12.23DVD観覧)

  • ta8********

    4.0

    ネタバレ耽美耽美耽美

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pkj********

    4.0

    谷崎文学の性を描いた官能作品

     古美術の鑑定をしている初老の夫婦と、大学病院に勤める娘の彼と娘の関係を描いた官能文学作品を映画化。谷垣潤一郎の同名小説を巨匠、市川崑が映画化した作品。精力の衰えた剣持(中村鴈治郎)が大学病院に治療に訪れる。そこに勤める娘の彼氏の中村(仲代達矢)と剣持の妻、郁子(京マチ子)が剣持の仕組んだ事から関係を持ってしまう。それを知った娘との4人の関係を性というものを絡めて描いている官能作品。しかし、文学作品の映画化というかこの時代の日本の象徴というか、男女の絡みはキスシーンが2度程で、結合シーンは汽車の連結シーンと汽笛という、逆に斬新に思える映像で置き換えている。さすがは文学作品!文学作品に触れない人も、原作を読んだ人も、見る価値はあると思います。又、この作品は1983年に木俣堯喬監督、1984年には舞台設定を40年代のヴェニスに置き換えティント・ブラス監督によってTHE KEYという題で映画化されている作品でもあります。

  • じゅんさん

    5.0

    ネタバレ鍵は葬り去られた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mas********

    4.0

    一般の家族と比べても変わっている家族

    市川昆監督の独特な映像と主演している役者の表情があまり顔に出さない 白く薄くメイクし、これが日本人だ。伝えていますね お風呂で倒れる都子(京マチ子)も上手く撮影され、二人で剣持(中村鳫治朗)と木村(仲代達也)足や手など拭いているシーンも細かいところも良いです 敏子役の叶順子もセンスあって顔が可愛いですね ラストの残った三人でお食事し、毒と間違えて亡くなるシーンも市川昆監督らしい演出ですね、お手伝い役(北林栄子)も見事に上手い 静かな作品ですね

  • jas********

    3.0

    耽美な世界観とキャラに見応え☆3.0

    谷崎潤一郎の原作。 倒錯的な愛欲を描いた作品ですが、 登場人物全員が腹黒く、 キャラを見ているだけで、 とても面白いです。 夫役の中村鴈治郎、娘の婚約者仲代達也と、 実力のある役者さんがキャラを際立たせており、 特に若妻役を演じる京マチ子の妖艶さには、 もう溜め息が出るばかりでした。 演出も映像もよく、 官能作品ながらも 文芸色を感じさせる作りになっています。 83年度版の「鍵」も鑑賞したんですが、 やっぱり全然違いますね。 あちらはポルノなので仕方ないか。

  • Amaterasulover

    4.0

    コメディ、ポルノ、ホラー、人間ドラマ。

    世の中には、妻を若い男と寝かして、自分は嫉妬に狂い、今日はどうだったかい。と、根掘り聞いて、興奮する旦那がいると聞きます。それが自分の娘のフィアンセってところが、業の深いところです。旦那、妻、娘、フィアンセ、この4人はかなり打算的な考えの業の深い人達ですね。凄く愛欲の強い面白い家庭です。文学的であり、滑稽なコメディにも見え、ポルノにも見え、恐くもあり、娯楽映画でもある、気張らず、純粋に面白かった。最後はかなりよい意味で意外な展開でした。

1 ページ/2 ページ中