ここから本文です

釈迦 (1961)

監督
三隅研次
  • みたいムービー 10
  • みたログ 54

3.54 / 評価:13件

涅槃で待つ

  • milneko913 さん
  • 2011年1月11日 16時00分
  • 閲覧数 737
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

超大作 釈迦
制作会社の意気込みが感じられる大作です。
それは、キャストのすごさにも現れています。
当時を知らない私でも、この豪華さに驚きました。

釈迦の物語は恥ずかしながら、手塚治虫の『仏陀』でしか知らないので、ストーリーに関してはなんともコメントしがたいのですが・・・。

ムリ繰りインドらしく?して撮影されているのですが、何分、中途半端のインドぶりが今日では辛いものがあります。
ですから、王の祝宴のシーンが微妙ですが、努力が見られ思わず『ガンバレ!』と応援したくなりました。

特筆すべきは

勝新太郎

です。
座頭市しか知らないわたしですが、勝の演技、悪役の徹しぶりに拍手です!!
お見事としか言いようの無い悪役ぶり。主役の釈迦が悟りを開いてからはまったく顔が見えない為か、後半は勝新の一人舞台でした。
釈迦がさとりを開いたため、普通の人間ではない事を表現したくて顔が出ないのでしょうが、入滅する最期の場面くらいはお顔が見たかったのでございます。

そこが残念です。
しかし、当時の息吹と大作のあり方を鑑みる上では、重要な作品ではないでしょうか。

いまは大作はCGが主流なので、こんなアナログの良さを感じられる作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ