忍びの者
3.4

/ 34

18%
32%
32%
12%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • wie********

    3.0

    ネタバレモヤモヤ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rec********

    3.0

    だからヤメられない蔵出し映画

    30年近く前に東京高田馬場で脚本家の高岩肇先生からシナリオの作法めいた話を2時間ほど拝聴した事があります。失礼ながら当時の私は先生の名を聞いた事さえなくインターネットも普及してない時代ですから調べるのにも手間取って神田の古書街の文献を必死に紐解いたものでした。たしか矢口書店という古書店で発見した映画文献から高岩肇先生のフィルムグラフィの豊かさに息を呑んだ記憶が今でも昨日のことのように思い出されます。高岩肇先生の脚本担当作品は大概知っていたつもりですが恥ずかしながらこの『忍びの者』は初耳。山本薩夫監督作品としても初耳でした。まだまだ無知を恥じると同時にそれ故に蔵出し映画発見を味わえる悦びを味わっております。

  • kor********

    5.0

    ネタバレ成功へのからくり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mal********

    3.0

    「忍びの者」シリーズ第1作目です。

    1962年に公開され、その後1966年まで計8作まで作られた「忍びの者」シリーズ記念すべき1作目です。シリーズの主人公は本作では石川五右衛門になっていますが、作品によって主人公が変わっているものもあります。 本作の山本薩夫監督はガチガチ&ゴロゴリの社会派の映画監督だと思っていましたが、重たい殺陣やアクションシーンも描かれちょっと意外でした・・・が、やはりこの重厚さは社会派監督の片鱗なのかも。 主人公を演じる市川雷蔵も良いのですが、彼の師匠を演じる伊藤雄之助の怪物ぶりを発揮した存在感や、狂気の一歩手前の織田信長を演じた若山富三郎(本作では城健三朗という名前です)も本作の大きな魅力だと思います。 その意味では実によくまとまった映画だとも言えるのですが、まとまりすぎて多少居心地悪さも感じてしまいました。ですが、これを機会に「忍びの者」シリーズ全8作を観たいという気持ちはあります。私は市川雷蔵のファンですからね。

  • ca7********

    5.0

    意外に面白かった!

    「忍者モノ」という知識しかないままなんとなく観ました。 いやー面白い。105分あっという間。 なんか子供の時放送されてた戦隊モノを見てた時のようなワクワク感がありました。 ぼんやり見てた私でもツッコミたくなるような粗さが多々ありましたが、面白いから全然OKです。 むしろこういう粗さは好きかも。 ちょっと話しとんでないか?と思ったとこもあったけど別に想像で補完できるしどうでもいい部分だし、逆にそういう無駄な部分を省いてるからテンポが良くなってより映画に勢いを与えてたのかなと。 人物像や心の動きなども単純でしたが、それも無駄な部分の省略&矛盾がないということでいい方向に捉えました。 娯楽作なのに冗長で複雑なのは最悪ですから…(-ω-;) やっぱり単純明快でテンポ良くないとスッキリしない! 市川雷蔵さん(早世した大スターってことぐらいしか知らなかった)は美男子だって聞いたことあるんですがこの映画では意外と素朴というか地味というか。 でも「雷蔵には普段は地味で目立たない容姿だが、撮影時にメークをすると一変するという特徴があった。」(wiki情報)ということだったのでそっちの雷蔵さんも見たい。 でもまずは忍の者シリーズ全部観たい。全8作。 それと気の毒な女性を演じた岸田今日子さんも妖艶で美しかったです。 とにかくこの映画、私はものすごく気に入りました。 市川雷蔵さんも素朴で芋っぽい感じに見えるのに(失礼…)なぜか惹かれるものがありました。 ちょっと、ハマったかもしれません。

  • sar********

    4.0

    娯楽要素満載☆あっという間の105分間

    「忍びの者」シリーズの第一弾。 数ある忍者映画の中の、魁とも言える作品。 大泥棒として有名な石川五右衛門を忍者と設定し、 天下統一を目論む織田信長と伊賀者の戦いを描いた物語。 さらに、信長暗殺を企てる伊賀の集団が2つ存在し、 己達の生き残りをかけ対峙する。 石川五右衛門役に市川雷蔵、その他にも、藤村志保、岸田今日子、西村晃らが出演し、 特に頭領役の伊藤雄之助の怪演はものすごい(第13回ブルー・リボン賞男優助演賞)。 ストーリー的には、 最後にあっと驚かせるような極意なるものが存在するのですが、 設定が、少々おかしい。 話が出来過ぎ、そこまでする意味が無い、、、という感じもしますが、 娯楽的面白さは抜群。 暗殺の緊迫感、作品に込められた謎、忍術を駆使したアクションなど、 105分間はあっという間。 手裏剣術、変わり身の術、動物術、毒術、水遁の術など、 CGの無い時代、ローテクなりにリアルなアクションを堪能できるのも、なんとも嬉しい。 殺伐とした世界に嫌気がさし、静かに家族と暮らしたい、という心境の変化など、 ドラマ性も加わり、実に内容の濃い作品となっています。 脚本にもう少し精度があれば、文句無しの☆5つ作品。

  • hir********

    5.0

    オモシロイはずだよな・・・

    あ~、今日は会議・・・ダルイねぇ・・・ 明日から、いよいよ「タイタンの戦い」ですか・・・俺、オリジナル劇場で観てる。 あの金のフクロウも出るのかなぁ・・・あ、「ウルフマン」も明日からか・・・ デルトロの「狼男」・・・濃いな・・・共演が、レクター博士・・これまた濃い。 アクの強さは、間違いなく「ウルフマン」だろうな。 で、「忍びの者」 市川雷蔵と藤村志保(若い頃は、田中麗奈そっくり)の共演という事で、 薄口さっぱり映画になるはずが、そこは山本薩夫、社会派監督です。 織田信長の「陰」の部分を、ことさら強調してましたな・・・ 日本映画全盛のコンニチ。 本当に日本映画が、良くなったのかと言うと、若手女優、監督は、いいのだが、 「役者」に関しては、昔の方が揃っていた気がする。 そんな事を、この映画を観ると、感じるんだな。 アク、その1西村晃  いきなり敵対忍者役で登場!強烈!アクの塊。山本監督わざわざ引っ張って来ました。  「水戸黄門」でしか、この人を知らない若い人が可哀そう・・・巧い役者です。 アク、その2 若山富三郎  御存知、大御所!地井さんも柳沢慎吾も、この人の「恐怖の洗礼」受けてます。  今回、信長役という事でヒゲが「コント」みたいで素敵!殺陣が観れなかったのが残念 アク、その3 加藤嘉  怖い、怖い、怖い・・・この人、やっぱり目が怖い。1962年の映画なので若い!  伊藤雄之助とのツーショットは、マニアにはタマリマセン!!画面からアクが・・・ アク、その4 伊藤雄之助  俺がニコラス・ケイジが、好きなのは、どこか、この人を髣髴させるから。  日本映画界、屈指の怪物俳優である。今の若い映画ファンは、この人、知らないよね。 この4人が、雷蔵の「さっぱりスープ」を、「こてこて」に変えてます。 「レザボア・ドックス」のマイケル・マドセンの如く、 耳を切ってハシャグ、若山富三郎。 「十三人の刺客」と、ほぼ同じ「壮絶な死にザマ」を見せる西村晃。 「おまえを、いつも見ているワシの目が在ることを、忘れるな!」・・・と、 この人に言われたら、人生終わった率、100%の加藤嘉。 そして、ちょっと観方を変えると、「コント」にしか見えなかったりする。 昭和の大怪優、伊藤雄之助の灰汁だらけの演技。 オモシロイはずだよな・・・・ あ、そーだ!アクって程じゃないけど、岸田今日子さん、出てました。 何だろう・・・すごく魅力的でした・・・色気感じます。 やっぱり、あの唇がいいね・・・すごく、いい・・・ 雷蔵も、若い!眠狂四郎のイメージが強いから、 石川五右衛門の役は、斬新でしたな・・・ マキビシと、手裏剣の正しい使い方を、この映画で学んだ気がする。

  • サモ・ハン・キンポー

    4.0

    ネタバレあなたが<活劇>好きであれば

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • syu********

    4.0

    シリーズ化した「忍びの者」の第1作

    村山知義の原作を市川雷蔵でシリーズ化した「忍びの者」の第1作。シリーズは主人公を変えながら(主演は変わらず市川雷蔵)8作まで続く。アクションもさることながら、陰謀渦巻くスパイ物のような雰囲気が面白い。、映画の序盤で明かされる対立している筈の三太夫と長門守が実は同一人物であるという設定。果たして、三太夫=長門守が考えていることは何なのか。演ずる伊藤雄之助は形相からしても他を圧倒する比類なき役者。... その歴史の中で明らかにならない空白をこの映画は想像力で埋める。信長が本能寺で明智光秀に殺される。そこまでに光秀を追い込んだものは何なのか。そして、実際に本能寺で信長が殺された時そこで何が起こっていたのか。現在からは決して明らかにならない、そのような歴史の空白、或いはは詳細を想像力によって埋めて、面白いドラマにしてしまう。それがこの映画の面白いところだ。だから、今明らかになっている歴史の部分は揺るがすことはしない。歴史とサスペンス、そして忍者、こんな簡単に映画は面白くなるんだという見本のような作品である。

  • kyo********

    4.0

    ネタバレ時代を感じさせる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中