レビュー一覧に戻る
忍びの者

mal********

3.0

「忍びの者」シリーズ第1作目です。

1962年に公開され、その後1966年まで計8作まで作られた「忍びの者」シリーズ記念すべき1作目です。シリーズの主人公は本作では石川五右衛門になっていますが、作品によって主人公が変わっているものもあります。 本作の山本薩夫監督はガチガチ&ゴロゴリの社会派の映画監督だと思っていましたが、重たい殺陣やアクションシーンも描かれちょっと意外でした・・・が、やはりこの重厚さは社会派監督の片鱗なのかも。 主人公を演じる市川雷蔵も良いのですが、彼の師匠を演じる伊藤雄之助の怪物ぶりを発揮した存在感や、狂気の一歩手前の織田信長を演じた若山富三郎(本作では城健三朗という名前です)も本作の大きな魅力だと思います。 その意味では実によくまとまった映画だとも言えるのですが、まとまりすぎて多少居心地悪さも感じてしまいました。ですが、これを機会に「忍びの者」シリーズ全8作を観たいという気持ちはあります。私は市川雷蔵のファンですからね。

閲覧数1,212