レビュー一覧に戻る
大殺陣 雄呂血

いやよセブン

4.0

何人斬ったの?

1925年の阪妻主演作を1966年に市川雷蔵主演でリメイク。 大変多くの人を切るので白黒映画? 主人公(市川雷蔵)は許嫁(八千草薫)の父親に頼まれて、家老の息子の罪をかぶることに。 1年後に復帰の約束で逃亡生活に入るが、許嫁の父親が急死、藩はしばらっくれて殺そうとする。 再び逃亡生活に入るが、知り合った女性(藤村志保)が殺され、許嫁も女郎になっているのを見て・・・。 最後の大殺陣はすごい、の一言。

閲覧数672