ここから本文です

秘録おんな蔵 (1968)

監督
森一生
  • みたいムービー 1
  • みたログ 6

3.80 / 評価:5件

森一生監督の腰の据わった演出を楽しむ

  • りゃんひさ さん
  • 2006年11月8日 23時38分
  • 閲覧数 520
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

今年(2006年)秋に劇場で観た和製カルト映画6本の短評をまとめてUPします(今更ながらで恐縮ですが)。
本作品は「その6」です。

さすがは森一生監督なので、じっくりと腰の据わった演出をしており、扇情的な題名とは裏腹。

前半はおおよそ吉原の風俗を描いていて、かなり興味深い。

後半、少し『五弁の椿』風な復讐譚になるあたりも飽きずに見れる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ