レビュー一覧に戻る
秘録おんな蔵

りゃんひさ

4.0

ネタバレ森一生監督の腰の据わった演出を楽しむ

今年(2006年)秋に劇場で観た和製カルト映画6本の短評をまとめてUPします(今更ながらで恐縮ですが)。 本作品は「その6」です。 さすがは森一生監督なので、じっくりと腰の据わった演出をしており、扇情的な題名とは裏腹。 前半はおおよそ吉原の風俗を描いていて、かなり興味深い。 後半、少し『五弁の椿』風な復讐譚になるあたりも飽きずに見れる。

閲覧数546