座頭市と用心棒
3.6

/ 61

16%
38%
38%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(24件)


  • しおびしきゅう

    4.0

    お前さんも!おめぇもか!

    BS日テレ『木曜は!特選時代劇』で鑑賞! 2021年6月17日(木)放送分を録画で! 今年オイラが観た、220本目の映画! 勝新太郎の座頭市に、三船敏郎の用心棒! この2大ヒーローが共演するという、ワクワクするような作品が、50年も前に作られていたなんて、さすが勝新! まあ、『座頭市と用心棒』であって、『座頭市vs用心棒』ではないので、2人の対決がなくても文句は言えないのだが、いやいや、ちゃんと斬り合ってくれますチャンバラしてくれます! こんなの、子どもが観たら、ごっこしちゃうよね! オイラ座頭市役! じゃあオイラ、勝新やる! って、どっちも白目むいて同じ役や! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • bpp********

    3.0

    とっちらかってない?

    セカイのミフネとカツシンの夢の共演!! でもナニコレ?コメディーですか?こんなの求めてたんじゃないんですけど? 物語の核は小判製造している奴の退治なのに色々登場人物出しすぎて意味不明な展開になってませんか? 特にラストの市と用心棒戦うカタルシス無くね? ワチャワチャお茶ラケ展開でお互いの俳優キャリアに傷つけない無難な展開でガッカリ。

  • pau********

    5.0

    勝新太郎 三船敏郎 嵐寛

    座頭市が強すぎて怖い。三船用心棒がんばれ って思った。

  • bel********

    4.0

    面白いけど物足りない

    勝新太郎は悪名シリーズが一番面白いと思っていますが 座頭市シリーズも大好きです。 で、今作。 二大スターの共演、ということで豪華な雰囲気ですが。 そこに頼りっぱなしというのは・・違う気がします。 どちらも立てねばならぬ、というのは難しいのでしょうね。 勝と三船の対決は観る前から結末は予想できるわけで。 結末は予想できますが、それでも面白いのだから星4つ。 面白いんだけどナニか物足りない。 何が? いろいろ考えてみて、めくら感が足りないのです。 これって私だけでしょうか。 私がめくら感に拘るのは、用心棒の三船より 座頭市の勝に思い入れがあるからで。

  • rec********

    4.0

    どんな撮影現場だったことか・・・?

    こんな海千山千の強者が集まれば勝新がメガホンをとれば現場は荒れるに違いないだろうなあ。だから勝は製作と主演にとどまりメガホンと脚本を岡本喜八に委ねたのは大正解。 豪華な共演陣を列挙していくと三船敏郎、滝沢修、若尾文子、嵐寛寿郎、岸田森、米倉斎加年(若いなあ)寺田農(めっちゃ若いなあw)細川俊之(本当に若いなあ)常田富士男(いつの時代の映画を観ても変わらんなあw)神山繁等々・・・ 「ドン・サバティーニ」でマーロンブランドが「ゴッドファーザー」のコルレオーネそのままの容姿で出てきたかの如く三船が桑畑三十郎そのままで登場するくだりは当時の映画ファンへの温かいサービス精神が感じられます。 後に「ジャズ大名」「EAST МEETS WEST」などを撮った遊び心満載の鬼才岡本喜八を起用した勝新のセンスは今観ても色褪せませんね。 シリーズ最大のヒットらしいです。 ドラマとしては煮詰まることなく終盤に向かい何が主題なのかもうひとつ釈然としないまま幕を閉じた、という印象はぬぐえませんが・・・

  • ジグマ

    3.0

    全体的に暗い映画

    三船の殺陣はいつも同じスタイル ハッキリ言って下手です 映像が暗い 明るさがない 三船と勝の組み合わせだけで ヒットしたようなもの 内容はお粗末

  • der********

    3.0

    お釈迦さまの掌の中で

    子供の頃、リアルタイムで観て以来、ずっと観たかった作品。 岡本組の常連俳優に支えられ、勝座頭市も三船用心棒も自分本来の演技をしている。ただそれが時として、監督の意向や演出を越えた自分勝手な演技になってしまい、全体として「岡本喜八の映画」にはなっていない。残念だ。 それにしても、悪の根源を貫禄で演じた、新劇界の大御所滝沢修をはじめ、座頭市も用心棒も手玉に取り、したたかに生きる女を演じきった若尾文子のふてぶてしいまでの美しさ。誰もが若尾文子というお釈迦さまの掌の中で踊る孫悟空だったのだろう。現実の世界の黒川紀章もまた……。

  • tak********

    4.0

    座頭市VS用心棒

    勝新の座頭市と三船の用心棒の共演! よくぞ実現した、まさに夢の対決だよ。 用心棒と言っても黒澤のあの用心棒とはキャラが違うし、年齢的なものか凄みも薄くなった感。存在感は健在だけど。 勝新の座頭市は初めて観たけど、やっぱ凄かった。 あの表情・動き、役作り半端じゃねぇ。 個人的には勝新の勝ちかな。 ヒロインは若尾文子だし、ほんと豪華。 監督も岡本喜八だし。 ストーリーは中盤弛むけど、見どころは満載。 市と用心棒以外にもう一人殺し屋を絡ませるあたりが楽しい。 相関関係も単純じゃないし。 かなり凝り過ぎな脚本。 隠し場所はあっさり読めちゃうけど(笑)

  • jig********

    3.0

    期待を裏切らない用心棒の適当加減

    タイトルに用心棒と付くように 三船敏郎氏演じる用心棒が登場しますが、 これがまたデタラメすぎる用心棒っぷりに あきれて閉口すること間違いなしです。 あからさますぎる適当さが むしろ面白くて好感持てるところが さすがと言えばさすが。 市が以前立ち寄った村に再び訪れるわけですが、 そこではヤクザと権力者とのいがみ合いが続いており、 その裏には莫大な金塊がからんでいるというお話。 三船敏郎氏演じる用心棒はがめついのかせこいのか とにかく金よこせとせびるせびる。 ”先生”と呼ばれてはいくらよこせと 二言目には金のことばかりの彼、 ただのせこい男じゃない腕も立つというあたりがかっこいい。 秘密の話を打ち明けるときには、 「この先を知りたければ20両。今すぐ出すなら2両。」 終始こんな具合でうまい具合に相手を乗せては 金をふんだくります。 彼曰く、悪い奴らからはふんだくってやればいいんだそうで、 自分は悪い奴らよりもよっぽど悪いやつだなと 開き直っているところは好感持てます。 今回敵役となるのか!? という怪しげな九頭竜(くずりゅう)なる人物、 使う武器は”九頭竜”とは、なかなか期待させますが、 なんだそれかというちょっとした拍子抜け具合。 必殺技っぽいイメージをしてしまいましたが、 時代を考えるとこれこそが最強なのかと思いました。 とりあえずは、 三船敏郎氏より目立っちゃダメと思われるので これくらいの威力でむしろよかったかなと。 終始、三船敏郎氏に目が行く作品となりましたが、 ある意味期待を裏切らない侍なのか浪人なのか はたまた・・という、 つかみどころのない男がよく似合っていて さすがの座頭市も喰えない男だと思ったに違いありません。

  • reo********

    2.0

    つまらない

    座頭市シリーズは初めて観た。 三船の用心棒が見れるということで期待して観たが 期待はずれのエンターテイメント時代劇作品だった。

  • Kurosawapapa

    3.0

    ドル箱スターW起用で岡本監督らしさ出ず

    この映画は「座頭市」シリーズとして数えると第二十作目にあたり、 岡本喜八監督が手掛けた「座頭市」としては唯一の作品です。  “座頭市” と “用心棒” 二人の対決だけでなく、 金の延べ棒の行方を絡ませたサスペンスタッチになっている。 ======= 三年ぶりに座頭市(勝新太郎)が蓮華沢の里に訪れてみると、里はヤクザの政五郎に支配されていた。 座頭市が来たことを知った政五郎は、用心棒(三船敏郎)に市殺しを頼む。 二人は対決するが、市が只者でない事を知った用心棒は、再度の勝負を約して酒をくみ交す。 やがて凶状持ちの市は牢に入れられるが、市を牢から出してくれたのは、政五郎に対抗し財力でこの里に君臨する弥助だった。 市は、弥助宅に腰を落ちつけますが、その頃、弥助が莫大な金の延べ棒を隠しているという噂が流れる。 ======= 岡本監督作品も、12本目の鑑賞になりますが、 この映画、どうも岡本作品らしくありません。  “脱世俗性” “枠に囚われない”  そんな自由人・岡本喜八らしさに欠け、かなり真っ当なストーリー。 本来、枠をはみ出すほどエキセントリックなのが、岡本映画の主人公ですが、 自由闊達な人物描写ができなかった感。 シナリオ作りも難航したらしく、 優劣をつけることのできないヒーロー二人を描き切ることは、さぞかし大変だったのでしょう。 勝新太郎と三船敏郎というドル箱スター、どちらを倒してしまっても後味が悪くなるため、物語の結末も先読みできてしまいます。 また、偽按摩役の砂塚秀夫、チンピラ役の寺田農ら、 岡本映画では常連で、味のある俳優の使い方も、中途半端で勿体ない。 ただ、男臭い中に紅一点、 当時の大映の看板女優、若尾文子の存在感だけは光っています。 モノトーンの中に美しい着物の色も映え、匂い立つような色気を漂わせている。 ・社会から疎外された座頭市 ・侍の世界からはみ出た用心棒 ともに社会の枠から外れた剣の達人。 座頭市の “スピード” に対し、用心棒の “豪剣” 、 二人の独特な立回りも見応えがありますが、 贅沢なキャスト、脚本、ともに消化不良。 やはり岡本喜八作品には、枠をはみ出すほどの大胆不敵なストーリー、 期待したいところです。 ( OKAMOTO:No12/20 ) 今作の監督キーワード:「自由人」

  • mii********

    5.0

    観なきゃわからねぇ、この面白さ!!

    新太郎 : ああ、ずっと目をつぶっての芝居はもう飽き飽きだぜ~もっとつぶらな瞳を見開いて演ってみてえなぁ~でも、これはおいらのライフワークだし、今の大映を背負ってんのは“座頭の市”だもんなぁ~       そんじゃぁ記念すべき“座頭市”シリーズ20作目を派手にパッと作っちゃろかなぁ~       この大映も傾きかけてんから・・・独自の「勝プロダクション」設立して映画製作してみっかな。目玉は他社のスターを呼んでの競演といくかっ! 敏郎  : え? 大映のドル箱映画からオファーがあったってか? なんで東宝の大スターの俺に・・・        新太郎 : おっとっと、もう大映から独立した「勝プロ」での製作だからそこんところあまり気にせんでくれや~ 敏郎  : そうかい・・・でもお主の主演作品じゃ、俺はちょい役扱いなんだろ? 新太郎 : ま、まさか、お主も全編出ずっぱりでおいらと決闘! そうよW主演よ~♪ 敏郎  : 何~! 黒澤御大の“用心棒”のままでいいのかい、そりゃ~お主も太っ腹じゃの~主役を喰っちゃうよ。 新太郎 : そうよそこよ! ものは相談だがよ、完成した暁にはこの作品の配給は東宝で頼むぜっ! 敏郎  : ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新太郎 : 何だよ・・・不満かっ? まあ、そうくるだろうと思って喜八監督を招へいしてあるからよ、まっひとつよろしく頼むわ。俺とお前さんを演出できるのは喜八監督しかいなかんべぇ~よ。       ヒロインは、若尾文子でよろしくって、こ・と・で♪ とまぁ、こんな製作裏話が聞こえてきそうなこの「座頭市と用心棒」 新作も旧作も素敵な映画との出会いは、これまた何かの“縁”だと思うんだが、 ようやく鑑賞叶った“座頭市”シリーズの最高峰! いやぁ~正直言って、唸ったねぇ~♪ こりゃ~万人が共通して喜ぶ代物じゃない事は百も承知。 ですがね、“世界の勝”と“世界の三船”との競演ですぜ! “座頭市”の居合切りと“用心棒”の太刀さばきが堪能できるんですぜ、 それこそ“ガメラ”と“ゴジラ”が握手して乾杯したくらいの衝撃よ! “座頭市”と“用心棒”を愛する輩には、も~たまらんわっ! 双方を認めたが故の相手を「ばけもの」「けだもの」と罵り合うお洒落な演出に酔い、 劇中、三度の戦う接触シーンには誰もが息をのむってゆうもんじゃねぇかよ~。 子供の頃に観た怖いだけの印象の“座頭市” そいつがどうだい! 勝新太郎のコミカルな演技が支えるところの確立された“市” こんなに素敵な“市”を演じていたのかい! 首を縮めて腰を落としてガニ股で歩く後ろ姿は国宝級だ! そこに、桑畑でも椿でもない佐々“三十郎”を、(いや本作では“五十郎”になっていたが・・・) 敵役に持ってくるなんざぁ~粋だねぇ~それも“用心棒”そのままだもの。 さらに用心棒色が濃く演出されてたようで、ピストル持った九頭竜まで登場させちゃう懲りようだものね。 これじゃあ仲代達矢も真っ青だぜ! この1作品を観れば“座頭市”が解るよ! この1作品を観ると“用心棒”シリーズが観たくなるぜ! とにかく、そのうちに「座頭市」も「用心棒」も語られなくなり寂しい時代になってしまうのだろう。 今のうちに誰かが語り継がなければならない作品のひとつだと思うよ。

  • ham********

    5.0

    そよかぜ・せせらぎ・梅の匂い・・・・・

    くぅ~こんなまったりとした台詞の数々に新鮮味を感じたね。 全体の台詞まわしとユーモアの入れ具合が、 せかせかした生活から一脱できる。 休日なんだなぁと感じられるのも、日本映画の古来の良さかもしれない。 物心がつく頃にじい様と一緒に見ていた座頭市。 勝新太郎のしぐさと巻き舌になる言い回しが なんかカッコいいと思えたのは年のせいでしょうかね。 サービス精神と役者魂の熱心さが素晴らしいと改めて感じたね。 玉緒さんが惚れてしまうのもわかる気がする。 勝さんと三船さんの夢の共演だから殺し合いはしないと はなっから当然なごとき観ていたが、 冗談でもどちらかが負けてくれても面白かったかも。 役に立たなくてそのままバッサリと切られて消えてしまうのかと 思われる若い衆たちも、あれよ公儀隠密の手先かい!?というオチにも この二人が裁いてしまうのも、一歩譲らずと言ったところだ。 時代劇で古めかしいと背けちゃあなりませんぜ。 人間臭いからこそこの二人が生きてくるわけで、 今は亡き二人のぼろぼろになった背中を見た日にゃあ やばい!カッコ良すぎだと思えてくるでしょうよ。

  • nat********

    4.0

    本当のバケモノ、ケダモノは誰なんだ?

    あらすじをちょっと紹介すると 殺し合いに疲れた市が安らぎを求め 3年ぶりにある村に帰ってくる。 そこは以前とはまったく変わっていて まるで「用心棒」の世界のごとく やくざ者の2大勢力の争いに巻き込まれていた。 そこで市と用心棒は出会ってしまう… バケモノの市が勝つのか? それともケダモノの用心棒が勝つか? 果たしてどっち? それは是非ご自分の目で確認あれ! なかなか面白かったです。 サスペンスありコメディあり メインのチャンバラありと満足でした。 個人的にはやっぱり勝プロ製作ということもあり 勝新がよく撮られいい演技をしていたようにも思えました。 しかもこの時期の三船敏郎は大スターになって 円熟味を増しているのはいいがあの身震いするほどの 荒々しさは感じられなかったのが残念… まあその代わり「シェ~ンシェ~」なんていう台詞を 言わせるなんて岡本喜八監督もなかなか粋なことをしてくれると 笑ってしまった。 私の判定としては勝新に軍配があがりました。 またレビュータイトルにもあるように 人間の醜いところもしっかり描いているのもまたよかったと思う。

  • ムービークリニック

    4.0

    ほし よっつ

     ムービークリニックにようこそ。では診断しよう(^^)  たのしい時代劇でした。  勝プロダクション作品ということで、主人公はもちろん座頭市。ですが、印象は黒澤作品の「用心棒」の舞台に座頭市がスペシャルゲストで登場という感じかな。  ストーリーも用心棒に似てる。鉄砲使いもでてくるしね。  ただこれに金の争奪戦が絡む。ここらが娯楽的で楽しい。  それにシリアスな強さを魅せる座頭市にコミカルシーンが多く使われてるのが意外であった。    しかし映画は用心棒的であっても、やはり勝新の存在感も見逃せないのですね。  ○○VS○○っていうタイトルの作品はこういう作品からきてるのかな?

  • hir********

    5.0

    岡本喜八と勝新の、夢のコラボでもあった。

    どーも、中野美奈子と「結婚」する夢を見た・・・いよいよ危ないオヤジです。 なぜ、「魔単語」を観た夜に、美奈子なのか?・・・・ワカラン・・・ さて、「座頭市と用心棒」 単に、ミフネの殺陣が、観たくなったので借りたのだが、やっぱ、凄いね。 九頭竜役の岸田森大先生(剣道有段者)との最後の殺陣・・・圧巻です。 あの岸田先生と、キッチリ、タイミング合わせてるだけじゃなくて、 岸田先生の太刀筋のクセを見抜いた上で、一発で仕留めてる。 三船さんの殺陣は、ダイナミックさと、そのスピードに目が奪われがちなんだけど、 実は、左手の使い方に、一切、無駄が無い。 「剣道」やってる人なら、皆、わかると思うけど、 利き腕じゃ無い方の「腕の使い方」を知っている人は、大概、強い。 どうしても、「利き腕」に気を取られて、動きに無駄が出たり半身が遊んだりするのだが 強い人の「動き」には無駄が無い。 つまり、体が遊んでないのだ。 三船さんの場合、信じられないのは、両方が「利き腕」に見える程、 左手の「動き」も尋常じゃないほど速い!しかも「無駄」が無い!! あの、剣道有段者の岸田さんと、あいまみえても、左手の「動き」が、 マジで見えないくらい速い!・・・・凄いよ! 若山富三郎、近衛十四郎と比較しても、スピードでは勝っていると思う。 で、その三船さんと、逆手とは言え、スピードでは負けない市の殺陣。 これは、やっぱり・・・興奮するよね・・・ しかし、やっぱ、映画としては、両方のファンの為に、「引き分け」 まぁ・・・仕方ないかな・・・ 東宝、喜八組(三船、岸田、寺田農、砂塚秀夫、米倉斉加年・・・・)の人達が、 たくさん、出てました。 あの岡本喜八とカツシンのコラボだもん・・・面白くないワケがない! アッという間の二時間。 こういう映画を観ると、「影武者」に勝新が出てたら・・・とか、 「乱」に、三船さんが出ていたら・・・とか、 つくづく・・・考えちゃうよね。 自分の十八番キャラを、充分に楽しんで演じてる二大俳優の夢の競演映画。 お見事でした。

  • いやよセブン

    3.0

    昔も今も

    「用心棒」の設定に似ている人気者二人の対決。 今も同じだが、営業的にどちらかが死んでしまうと困るので、絶対に生き残る。 古くはゴジラとキングコング、新しくはエイリアンとプレデター、同じだ。 さて、今回、座頭市は癒されたくなり、昔お世話になった田舎に行くのだが、そこは二大勢力が争う、地獄と化していた。 美しい飲み屋の女将もいたが、得体の知れない用心棒が邪魔だ。 中盤がダレてしまうのがもったいない。

  • tra********

    4.0

    これって「ガメラ対ゴジラ」でしょ?

    しっかし、座頭市と用心棒のコラボってめちゃくちゃ凄い対決だよなぁ。 背を丸め首を引っ込めて構える無骨な勝新太郎の座頭市はガメラ、それに対し、邪魔なものは手当たり次第なぎ倒していく三船敏郎の用心棒はさしずめゴジラってイメージがありません?この2大モンスターの大激突だもん。わくわくですよね。 この2大キャラクターのどちらもイメージを損なうことなく、敵対させながらも、ちゃっかり一緒に酒飲ませたり、コミカルな場面も、緊迫した場面も作り、そして最後に対決させている。こんなアクの強い2人を同時に演出することができたのは、日本映画界にあってただ一人、岡本喜八監督この人だけでしょうね。喜八さんって凄い。喜八監督の作品で俺的に空振りした事は一回もないもんなぁ。 座頭市はいつものように、見えていないようにコミカルなボケかましていながら、肝心なところでは心眼でしっかりと本質を見抜いている。一方用心棒には「○○三十郎」とは名乗りはしないものの、大酒飲んで、金をたかり、荒っぽく乱暴なようで、知略をめぐらせるのは桑畑or椿三十郎に通じるものがありました。まあ、黒澤の時のキャラよりはやや軽めだったかな? でね、あとちょっと触れときたいのが、この2人の濃いキャラにかき消されることなく強く印象に残るのが、岸田森演じる九頭竜という冷酷無比なキャラね。市と用心棒の双方にいるというだけで、猛烈なプレッシャーを与えるんだ。 う~んと、このガメラ対ゴジラの闘いを書きたいんだけどなぁ。これ書いちゃったら、ネタバレにもほどがあるしなぁ。やっぱ止めときましょうw。ただこれだけは言っておこうね。 こいつは面白れぇぞ。 もはや、勝新太郎も、三船敏郎も、岸田森も、岡本喜八監督もみ~んな鬼籍に入っちゃってますので、まったくなじみのないっていう人も多いんじゃないかな?ただね、彼らの作品は今見ても大概、外れはないと思いますよ。 確かに今に比べりゃ低予算で、荒削りで、未洗練な部分もあるけど、それ以上にキャラに圧倒的な存在感がある。そして殺陣の切れが最近のエフェクトに頼ったものとは比べ物にならないほど美しいんだな。ひと昔、ふた昔前のチャンバラを観てごらん。意外な新発見があるかもしれませんよ。 あ、そうそう喜八監督はコメディ撮らせても天下一品だからね。いつか喜八さんのコメディもレビューしょうw。

  • cpd********

    3.0

    ネタバレどっちが勝った? どっちも負けた・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • iko********

    5.0

    ザ・座頭市⑤~バケモノvsケダモノ

    これは大映でなく東宝作品でした。 あの「用心棒」の世界に放り込まれた座頭市が、どう立ちまわったのか。 そしてなんといっても三船敏郎と勝新太郎の夢の共演、対決。 お互いをバケモノ、ケダモノ呼ばわりしていながら、いいんですよねこの二人の呼吸、間の取り方なんか絶品でございます。 三船用心棒が言う「ド●クラ!!」は、どの「ドメ●ラ」よりも素晴らしい。何度でも言ってほしい。「シェ~ンシェ~イ」もイイです。 とはいいながら、個人的に一番嬉しかったのは、若尾文子(梅乃)が出てたこと。 意外とウブな市と用心棒を手玉に取ります。私も取られたい。 ラストの市vs用心棒の対決も、鍵は梅乃です。 スケール、粋なセリフ、ヒロインの素敵さ、夢対決・・大大大満足でした。

1 ページ/2 ページ中