レビュー一覧に戻る
おんな極悪帖

bakeneko

5.0

ネタバレ岸田森の馬鹿殿大暴れ!

原作は谷崎潤一郎の『恐怖時代』なのですが、そんな文学的な片鱗を少しも感じさせない“大映”調“やり過ぎ陰々滅々馬鹿映画”の怪作であります(登場人物が皆悪人なのですが、大馬鹿過ぎて笑えます)。 馬鹿映画ファンあつまれ~。 やっぱり映画ファンとしては、御贔屓の日本男優の役柄で一番見てみたいのは、“馬鹿殿”であります(えーっ!私だけ!)。 鬼気迫る“馬鹿殿”と言えばメジャーどころだけでも、 「十三人の刺客」の菅貫太郎 「残酷・異常・虐待物語」の小池朝雄の怪演は、邦画史上の名演で誰もが思いつくところですし、 日本人の精神的病根を真摯な態度で解剖してみせた「武士道残酷物語」も、見方を変えれば、“馬鹿殿大行進”(歴代殿様がー東野英治郎、森雅之、江原真二郎、加藤嘉という遺伝法則を無視した豪華さ!しかも皆違うタイプの馬鹿殿!)映画であります。 稀代の名優にして怪優である岸田森の怪演作品は数え上げればきりがありませんが、本作の“往っちゃってる殿様”は、怪奇大作戦の“狂鬼人間”や、「子連れ狼 三途の川の乳母車」の殺人が楽しくて仕様がない“左来馬”以上の名演であります(おーいおともだち~、みんな付いて来てるかい~)。 この岸田森を中心として、安田道代、田村正和、小山明子、佐藤慶、小松方正、芦屋小雁らが繰り広げる騙しあいは、全ての人物の思慮が足りない為に、“劇中人物は大真面目”だけれど、その大仰さに反する杜撰さに観客は大笑いの作品となってしまっています(特に佐藤慶は、いつもの“策士”的悪人を演じているだけに、そのギャップが…)。 一人で真面目に観たらきっと皆怒ると思いますが、ちょっと斜めの角度で、それぞれの俳優の怪演と“ぐだぐだなストーリー展開”を大勢でわいわい言いながら観ると楽しめると思います(怒らないでね)。 ねたばれ? 剣の達人と分かっている相手に正面から挑んでは….。

閲覧数753