レビュー一覧に戻る
怪談昇り竜

どーもキューブ

4.0

石井印怪談ヤクザムービー

石井輝男監督脚本。梶芽衣子出演。大映系の時代劇にはまってた頃、日活ビデオで偶然発見。やっぱり石井輝男は、すごいなー。見終わった後、 ため息ひとつ。こんか映画みたことねー。石井監督は、おりしも「無平野派」新作発表の後期つげ映画作品群の時。ワイズ出版の石井輝男本(名著)の出会いで、一気にクロニクル鑑賞。あと某雑誌各本。エログロからフィルムノワールギャング物、ヤクザ映画、健さん出演作まで実に幅広く個性がひかる。本作の化け猫とホキ徳田の存在感。やくざ映画と怪談時代劇。意欲に富む石井娯楽作だ。

閲覧数708