レビュー一覧に戻る
怪談昇り竜

cyborg_she_loves

3.0

ホキ徳田さんがかっこいい

「怪談」というタイトルがついていますが、これは怪談映画ではありません。これは「昇り竜」の刺青をもつヤクザたちをテーマとする「昇り竜」シリーズの中の一作で、猫のたたりがからむ物語、というだけの意味のタイトルです。基本は仁侠映画です。  石井監督が好き、あるいは仁侠映画が好き、という人にはまたそれなりの面白さがある映画だとは思いますが、そのどちらでもない私にとっては、ストーリー自体にさして面白みはありませんでした。  要するにどこにでもある仇討ち物語です。  ただ、梶芽衣子さん、ホキ徳田さんを初めとする美女たちがたくさん出てきてカッコイイ役どころを演じているところは、大いに楽しめました。  脇役クラスの人たちも含めて女優さんたちがそろいもそろって美女なのがいいですね。  「エロティシズム」うんぬんと紹介している記事も見かけますが、別にヌードとかお色気シーンとかが出てくるわけではありません。  ただ、美女の立ち回りシーンは絵として見てカッコイイです。  美女っていうのは、ただ単に顔の造作が綺麗なだけで出来上がるものではないのであって、立ち居振る舞いが凜として美しい時に初めてこっちは見ていてホレボレするんだなと思いました。  特に盲目の剣士にして手裏剣の達人役のホキ徳田さんのカッコよさは見所です。私にとっては、そこがこの映画の一番の見所かな。

閲覧数303