ママいつまでも生きてね
4.0

/ 17

47%
35%
0%
6%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(9件)

泣ける36.0%切ない20.0%悲しい12.0%絶望的12.0%パニック8.0%

  • con********

    5.0

    跳び箱のシーンがフラッシュバック

    小学生の時に体育館で鑑賞しました。泣くまいと思っても号泣した覚えがあります。片手で必死に跳び箱を跳ぼうとしているシーンがあったのはこの映画だったでしょうか。

  • やふう

    5.0

    樹木希林の看護婦

    中村光輝扮する主人公の少年が、骨肉腫であることを知り、家の自室で自暴自棄気味に打ちひしがれる、天井からの描写があった。すっかり感情移入してしまい非常に辛い感覚に襲われた。そして最後に入院し、同病室の年下の少年と仲良くなるが、ある日その少年が病室から居なくなった。看護婦の樹木希林に「あの子、逝っちゃったの?」と聞いたら「そう!」とそっけない一言。小6だった私は、もう少しオブラートに包んだ言い方ってもんがあるだろ、アホ!と思った。やがて光輝も病膏肓状態となるが、一週間の命と宣告されたのちも懸命に生き続けること50日、クラスの担任が教室でみんなに「50日も頑張ったんだぞ!」と伝える。この場面で私は涙腺が崩壊しそうになったが、泣き顔を友人や女子たちに見られるのが嫌だったため、必死でこらえた。でもみんな泣いていた。子供が見るに何とも辛い映画だったが、生きているということを子供ながらに直視できて、何となくその喜びというものを感じたものだった。

  • しんやくん

    4.0

    もう一度見たい…

    小学四年生の時、課外授業で四年生全員で映画館へ行き見ました。片腕を切断して治ったと思ったら、またしても。嫌な展開でした。最後は葬儀のシーンだったような記憶(あいまいですが)があります。 もう一度見たいです。 DVD化を切望します。

  • mas********

    5.0

    1960年生まれ

    多分親と映画館で観た。 ガン?骨肉腫? 「山内打った?」 山内が分からなかった。 葡萄の皮を剥いてもらって「美味しいね。種まで冷えてる。」 葡萄の皮を剥くことに?だった。 泣きながら観た…と思う。 50年ほど経ったが忘れていない。 もう一度観たい。

  • nez********

    5.0

    詳しくは憶えてないんだけど──

    小学校一年か二年の時に体育館で鑑賞。死ぬまでに、もう一度観たい!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ママいつまでも生きてね

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル