ルパン三世 念力珍作戦
2.9

/ 30

13%
20%
27%
23%
17%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(16件)


  • npp********

    2.0

    元祖実写ルパン

    実写ルパンと言えば小栗旬主演の作品が知られていますが、こちらも負けておりません(笑) 当時スプーン曲げで有名だったユリ・ゲラーによる超能力ブームの影響により“念力珍作戦”というタイトルがついたとのこと・・・ 田中邦衛がまさかの次元大介を演じる(笑) ハードボイルドな田中邦衛も悪くないw 物語はギャグ満載で昔のドタバタ喜劇映画といった感じ。 何故か石川五ェ門だけ登場していない。 ルパン愛用の銃がワルサーP38ではなくワルサーPPK(ボンドの愛銃)になっている。 まあ、こんなルパンもありっちゃあり・・・かな?

  • qaz********

    4.0

    アニメを意識

    本作はTVのファーストが終了した翌年に封切ました。 初めは声優たちに声を吹き替える案もありましたが、皆が「それなら降りる」となったためあの形になりました。目黒さんは山田 康雄を意識した喋り方で伊東 四郎も納谷 五郎を意識した喋り方です。田中 邦衛も小林 清志を意識していますが、いかんぜんあの喋り方ですから青大将がチラつきます。

  • cha********

    5.0

    こ、これは、あのルパンなのか?!

    まさかのルパン三世の実写映画、しかも、いま流行りの「エピソード0」。 この映画はルパンの幼少期の秘密、そして次元、不二子との出逢いを描いています。 かなりコメディタッチです。しかもルパンの笑いじゃなく、まさにバカボンの笑い。 ここは脚本に赤塚先生が起用されていることに起因してます(WHY?) てか、ルパン三世のどこをフィーチャーしたか、気持ちいいくらい全く不明。 ルパン役の目黒祐樹は、時に痛々しいですが、ノリの良さはかなりのもの。 次元には、田中邦衛、登場しただけで笑えます。 不二子ちゃんは江崎英子、知りませんでしたが、健康的で結構好きなタイプ。 彼女もまた、コメディのノリがいい。 銭形警部は伊東四郎、ノリノリです(笑)、やりたい放題です(笑) この映画をみて一番感じるのは、原作者モンキー・パンチの心の広さ。 キャラ設定や背景、物語の本筋がこれだけ無茶苦茶でも許せる広い心、僕にも欲しいです(笑) ある意味、「ドラゴンボール・エボリューション」を余裕で超えてます。 同じ日本人が作っているのに。 ただ、今見ると、この笑い結構笑えます。 銭形警部が「ばかもん!」という時、カメラ手作業で揺らしたり、 技の凄さを、映像ではなくセリフで表現したり。 次元の「今のシーンは、0.3秒の出来事だった」には笑わせてもらいました。 悪党のボスなんて、もろスパイ大作戦のパクリだし(WHY?) いいもん見せてもらいました。 意外にツボにハマったコメディセンスに☆×5を贈呈します。

  • mal********

    3.0

    ほとんど下着姿のルパンでした。

    1974年に公開された知る人ぞ知る「ルパン三世」の実写版映画です。 ストーリーはあってないような思い付きで展開するドタバタコメディ、あるいはこちらも懐かしき「オールスター新春かくし芸大会」の出し物的な映画に仕上がっていますし、ルパンを筆頭にしたおなじみのキャラクターの配役にしても?なんで目黒祐樹なんだ?とか?峰不二子のイメージに合ってない?といった批判的な意見があるのも分かります。 ただ、そういった意見がたくさん出るのも「ルパン三世」の人気が高いことの証明だと思うし?いま実写版映画を作るなら、あの俳優にルパンを演じてもらいたい?といった希望と想像を膨らませながら本作を観れば、意外と割り切って楽しめると思いますよ。(個人的にはテレビ版と同じく山下毅雄さんが音楽を担当してほしかったです) その意味でも、あと1作実写版「ルパン三世」が作られていたら、シリーズが継続した可能性もあったと思うんですが、あえなく「珍作戦」のみで実写版は終了。きっとヒットしなかったんでしょうね。そう思うと本作はいろんな意味でなんとも残念な映画です。

  • kuz********

    2.0

    カンベンしてくださいよ!まったく

    このさい次元も ルパンも 不二子も 許そう。 しかし 銭形警部が 伊東四郎さんって・・・・・・ 悪党ルパン一味は変装の名人たちでもあるし 顔はガマンするとしても 銭形警部は長い顔にアゴが割れてる人じゃなきゃ 米倉斉加年さんでもいい いかりや長介さんでもいい。 ストーリー他 話のレベルはこの際目をつぶろう。 しかしキャスティングに原作への尊敬がほとんど無いのはガマンならんね。

  • mii********

    4.0

    好奇心旺盛人、推奨作品!

    うっひょ~~~~~♪ これは、痛快!傑作!愉快作! 誰でもがご存じのところのモンキーパンチの劇画。 「ルパン三世」の実写版どぁぁぁぁぁ~~~~~! はじめに一つばかりのご忠告をば♪ こいつは劇画やアニメの「ルパン三世」と同じ土俵に立って観てはいけないよ。 まったく別もの! ゆえに面白いのであ~~~~~~~~~~~~る。 (^o^)v フランス文学に日本の誇るギャグマンガのエッセンスをねじ込んだ、いわば、 正当フランス料理フルコースの中に、卵ぶっかけごはんや、猫まんまを混ぜ込ませ、 めちゃめちゃにしてしまい、それでいて美味くしちまったようなもの♪ そんな料理に仕立てたのが誰であろう、おバカギャグの天才、赤塚不二夫氏だったので、 うなずけるところな~のだ。そして連名には、あろうことに中山千夏氏も。まいった・・・・・。 なかでも、ルパンの敵キャラで有名な銭形警部は銭形平次親分の子孫であることは周知のところ。 が、しかし、彼だけではもの足らないのか心細くなったのか、大岡越前守の子孫と、 遠山金四郎の子孫までひっさげてルパン逮捕に躍起になるセンスは絶対に赤塚節な~のだ。 さらに、警察の他に追われる、その一団の名称が「マカ・ローニ一家」アハハハハハである。 出演者の個性がgood! 目黒祐樹・田中邦衛・江崎英子・伊東四郎。 江崎英子(峰不二子)さんは、セクシーでツボよ、ツボ! く・ぎ・づ・け♪ そうそう、「ドラゴン・シスターズ」(ポピーズ)なんて・・・・・ヒクッヒクッ 超レアなのだ~~~♪ 可愛くて、カッコよくて、とても弱くて、往年のファンならずとも目尻が下がっちゃいますよ~。 とにかく全編にわたって細かいギャグの目白押し!オンパレード♪ まるで「巨泉・前武のゲバゲバ90分!!」を彷彿させるような、 “ナンセンス”で“テンション”のあがるショートコント100連発に、 思わず、足の指の間をくすぐられる感覚で笑っちまうのだ♪ 世の中いろんな作品が数々あれど・・・な~んでこんな作品に惹かれちまうんだろう・・・・・ 類は友を呼ぶ。きっと不思議な力に引き寄せられたにちがいない。ん~おそるべしルパン! そう!今度はあなたが、引き寄せられる番ですよ♪ 注) レビューの中に、半世紀クラブ以上の方にしか解らないTV番組ショーの記載がありましたことをお詫びいたします。m(_ _)m

  • coh********

    1.0

    ルパンは出てきませんよ!

    今まで観てきたルパンはね。 ここまで原作を無視した作品を世に送り出せるものなのだろうか? 次元が田中邦衛というのも驚くべきキャスティングだが、ルパン役の目黒祐樹がルパンを演じる気が全くない。 この際、両者の役を入れ替えたほうがしっくりくるんじゃないかというほど原作とは程遠い内容(たぶんジャンケンかなんかで決めたんだと思う)。 多分製作スタッフの誰一人、原作の『ルパン三世』を読んだことがなかったのだと思う。もし原作をリスペクトしてたら恐れ多くて・・・。 B級コメディ映画として一周回って観ても残念な作品。 だって、ルパンが全然似てなかったことしか覚えてないもん。

  • hai********

    5.0

    ネタバレこ、これは、ルパン三世ライジングだ…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jet********

    1.0

    ネタバレ脱力系おバカ映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ham********

    4.0

    バキュ~ン★Lupin the Ⅲ

    ダイヤが欲しいの。 サファイアもエメラルドもルビーも…全部奪ってくれたらご褒美よ♪ ≪じゃりん子チエ≫≪バカボン≫が企画に加わってると知ってしまったら… どんな部屋かそ~と覗いてみたくなった。 覗いているのがバレて、ガバッとドアを開けられちゃったから仕方がない。 のっけから、マッチ棒でポルシェのドアを開けたよ!!  こ、これが念力か…。 セロのラコステわにくんを生きたまま出しちゃうくらい驚いちゃったよ。(左ポッケに入ってたけど) オープニングのタイトル≪念力珍≫の文字をじーと見ていたら、 その文字を縦にしてくっつけて並べてみた。 たまらんがなもしぃ~おもしろ発見です☆ 護送車に美女みぃっけ!  胸と背中に〔69696〕の合体数字がまた冴える。 不二子ちゃ~んの白シルクパンのおしりがチロッと見える。 ガバッと見える。 思わず『おぉ~!』と言ってしまうこの古めかしい小技が、男性にはたまらんのかもしれない。 よく思い出せば胸を強調していなかったな…残念。 まだまだ小技を見せてくれる。 ルパンと警備員がもみ合いになり高圧電流に触れ感電するシーンには、 ちゃんと、半透明の青い電気の放電の様子が丁寧に加えられ、 途中には、簡単だけど浅間山が噴火、 ルパンのベッドシーンにはアニメが使われてギコギコ、シカジカ。 特撮ファンには嬉しいシーンが盛り沢山。 一番意外だったのは、私の中には≪北の国から≫のイメージしかない 田中邦衛が、次元にちゃんと見えていた事。 教会に現れた殺し屋(天本英世)ら三人を、たった0.3秒で射殺してしまう所なんか、かっこいい! アイデアも豊富で、ドタバタコメディとしては楽しめるおすすめの珍品です。 あの上下白のスーツに胸元を開けて、ショートスカーフを巻いて誰か見せてほしいなぁ。

  • cat********

    3.0

    世相を反映しているんだろうなあ

    ケーブルテレビでとはいえ、生きてこの作品を拝めるとは、長生きはするもんだと思いました。 「ノストラダムスの大予言」の併映作品ということで、金も時間もなかった制作状況がうかがえます。当時の原作の「ルパン三世」の捉え方は今とは全く違っていたんだろうなあと察します。 キャストについては、いろんな方が書いている通りですが、目黒さんの「軽さ」はなかなか良かったと思うし、不二子役の女優さんもはまっていたいたと思います。 当時の観客がこれでげらげら笑っていたのかどうか。知りたいところです。

  • くじらどんどん

    4.0

    これも『ルパン三世』だ

    『カリオストロの城』以降の「映画のルパン三世は男前」というイメージを壊す映画ですね。大変馬鹿馬鹿しいです。 この映画のルパンも不二子ちゃんに熱を上げていますが、不二子ちゃん以外の女と普通にセックスしますし。セックスを♂と♀で表現するところなんてくだらなくて良いですね。あと銭形警部がすっとこどっこいです。あのすっとこどっこいな感じを出すなら伊東四朗は適役ですね。 僕はコメディの軽い雰囲気と『ルパン三世』は意外と親和性が高いと思いました。

  • オヤジジャック

    4.0

    あの「ノストラダムスの大予言」の併映作品

    今となれば、すごいことなのでしょうが、これ、映画館に見に行きました。 タイトルのように「ノストラダムスの大予言」の併映なのです。 今となれば(くどい)、あの幻の作品の2本立てですから、めっちゃ贅沢です。 まさか、DVDになってくれるとは思っていませんでしたので、また見られて、すごく甘酸っぱい気持ちになりました。 良くも悪くも「ルパン三世」です。 七〇年代のかおりがプンプンする、コメディになっていますので、もっとお色気(古!)があれば、さらなるカルトムービーでしたでしょう。 本当に当時は面白かったので、星ひとつプラスです。

  • mar********

    3.0

    心頭を滅却すれば、ルパンにも見える??

    こ・・これは、ル・・ルパン・・・?・・なのか・・?? 念力”珍”作戦って・・・ルパンが、超能力か、何かを使うのか?・・ 天下の大ドロボウが、超能力!?・・ しかも、”珍”って、何だ・・?・・・”珍”って・・・・・ 人間のDNAに組み込まれているであろう、”恐いもの見たさ”という名の、たちの悪い好奇心が、この映画を観るように、拙者に囁いてきた・・。 大きな恐怖と、少しの期待に胸を膨らませ、拙者は、好奇心の扉を、ゆっくりと、しかし、いつでも逃げ出せるように慎重に開けていく・・・ 嗚呼・・・我が、映画人生よ・・これで終わることなかれ・・・エイガ、バンザイ・・・ 主要キャラの配役や、シナリオのぶっ飛び具合も、さることながら、昭和のかほりがプンプンと匂いたつような、おバカなギャグが満載されており、監督も曰く、正に”オモチャ箱をひっくり返したような、アクションコメディ”でした。しかも、案外、面白い! しかし、この映画を観るには、ある程度の”勇気”と”心構え”が必要なのは確かです(笑)。 キャラクターがしっくりこない、とか、ストーリー展開の意味がわからん、という野暮な感情は持たないで、”こんなルパン三世もあるのか~うん、うん(微笑み)・・”と、思えるくらいの、心の広さがなければ、確実にヤラレてしまいます(怖)。 ルパン三世を実写化するにあたって、監督は、その当時から、ルパン三世のアニメが放映されていたこともあり、そのアニメに出てくるキャラクターをイメージしながらシナリオを書き出したようで、俳優を誰にするのかは、その時点では、一切決まっていなかったそうです。 ・・・と、いうことは、あの”ル~ルルル♪”の田中邦衛がアニメのルパン三世を見ながら、次元大介の役作りに励んでいたってことですよね・・・何か微笑ましい♪ 気になる、念力珍作戦というタイトルにいては、ほとんど脚本が出来上がった時に、本社からタイトルを『ルパン三世 念力珍作戦』にしてくれ、といわれたようで、急遽、ラストに出てくるお宝を”大きなダイヤモンド”から”念力を発する土偶(???)”に変更し、それを奪う作戦の名前を”念力作戦”として辻褄を合わせたそうです。(グ・・グレイト・・) 当時、世間ではユリゲラー(超能力者)や、スプーン曲げが流行っていたというのが、”念力”を入れた理由だとか・・・(汗)。 結局、念力珍作戦というタイトルはストーリーの本筋とは、まったくといっていいぐらい関係がないのですが、映画の中では、無理やりとも思える使い方で「念力」という台詞が何度か出てきます。 このユルさが、古きよき昭和の銀幕時代を感じさせ、なかなかステキではないですか! 拙者はまだ、産まれてませんでしたが・・・。 さて、今から、平成の大超能力者こと、”ユリいぶし銀ゲラーマリック”が、皆様に念力を、送ります。 お子様や心臓の弱い方は、ご注意ください・・・ ”あなたもこの映画が観たくな~る、観たくな~る、観たくな~る・・・” ・・え?・・ウザい?

  • xwy********

    3.0

    ルパン1/3世

    人気の漫画は映画にしたくなるのが人情だ。 『ゴルゴ13』も『あしたのジョー』も過去に実写版になった。 現代のように充分に企画を練って撮ったわけじゃないようで、出来が良いとはお世辞にも言えないものが多い…まぁ、金とコネを尽くしてコケる映画も未だに多いけれど。 娯楽作品に多くの予算が注ぎこめない当時のご時勢も有りましょうから、多くは求めません。 目黒祐樹のルパン三世…ヒョウヒョウとしたキャラは案外いい感じかも、と思った。 田中邦衛が次元大介…細身でキザなガンマン、これも案外きまってるかもね。 銭形警部は伊東四郎…なるほど、そうきたか。これも有りだな。 主要キャストは悪くないと思う。 ただし不二子はまあまあ、五右衛門は出てきません。そこが不満だな。 アニメのルパン三世ファンには「なんのこっちゃ?!」と感じる映画でしょう。 ストーリーには大きなアクションや謎解きがない、ドタバタ映画です。 アニメというより、漫画の感じに近いと思う。 原作の雰囲気をできるだけ再現してみようという心意気には敬服いたしました。 なにはともあれ、“珍映画”であることは間違いない。 そういえば、ハリウッド版の話はどうなってしまったのでしょう? ルパン役なんかおるかいな?!と思ってたけれど、 整髪料のCMに出ているオーランド・ブルームならイケそうな気もする。

  • blu********

    2.0

    おい、見ろよこのジャケットを……

    行き当たりばったりで進行する、突っ込み所満載のストーリー。そして意外と豪華なキャスト。 ぶっちゃけそんなことはどうでもいい。この映画最大の見どころは、懸命にルパンを演じよとうする目黒祐樹の姿だ。 このDVDジャケットを見て分かる通り、えらいことになっている。 あなたはこの写真を見て何かコメントできるか? 俺は出来ない。言葉が無い。 無理矢理おどけ続ける目黒祐樹の姿を見ていると、「俺も仕事が辛いとか言ってられないな」と、自分に喝を入れることができる。 要するにひどい映画です。がんばったので星二つ。

1 ページ/1 ページ中