レビュー一覧に戻る
ルパン三世 念力珍作戦

mal********

3.0

ほとんど下着姿のルパンでした。

1974年に公開された知る人ぞ知る「ルパン三世」の実写版映画です。 ストーリーはあってないような思い付きで展開するドタバタコメディ、あるいはこちらも懐かしき「オールスター新春かくし芸大会」の出し物的な映画に仕上がっていますし、ルパンを筆頭にしたおなじみのキャラクターの配役にしても?なんで目黒祐樹なんだ?とか?峰不二子のイメージに合ってない?といった批判的な意見があるのも分かります。 ただ、そういった意見がたくさん出るのも「ルパン三世」の人気が高いことの証明だと思うし?いま実写版映画を作るなら、あの俳優にルパンを演じてもらいたい?といった希望と想像を膨らませながら本作を観れば、意外と割り切って楽しめると思いますよ。(個人的にはテレビ版と同じく山下毅雄さんが音楽を担当してほしかったです) その意味でも、あと1作実写版「ルパン三世」が作られていたら、シリーズが継続した可能性もあったと思うんですが、あえなく「珍作戦」のみで実写版は終了。きっとヒットしなかったんでしょうね。そう思うと本作はいろんな意味でなんとも残念な映画です。

閲覧数2,266