おあずけ
2.5

/ 2

0%
0%
50%
50%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(2件)

セクシー33.3%かわいい33.3%笑える33.3%

  • moo********

    3.0

    菩薩

    桜井幸子顔、というのはありそうで中々ない。薄い美人顔。幸薄い。 今や幸薄そうなんて「キャラ」はごく一部の病みたがりな十代の少女以外の、世の多くの女性にとっては最も忌むべきものであろう。 皆こぞって自らを、明るく、楽しく、幸せに見せるかに執心しておられるのであります。 しかし、美人のジャンルには間違いなく「幸薄系」というものがあり、そういうのが好きな男性も少なくはないのだが、同性に最も嫌われるのがこのタイプなのも間違いないだろう。 そんな幸薄系の王道を行く彼女は、やたらに「心臓病」とか「盲目」とか苦難が似合う。そんな彼女のまだそんなに幸薄くない頃の姿が見れます。可愛い。

  • pea********

    2.0

    歴史的セクシーショット

    なんでこの映画をセレクトしたかって? そりゃあ、若き日の桜井幸子が見たかったからさ! タイトルがなんで「おあずけ」なのかって? そりゃあ、見た人だけが知ることの出来る秘密だよ。 映画自体は子供向け戦隊ものみたいな感じ。 人工子宮によって生まれた天才超能力姉妹:七重(桜井幸子)と由美(新島弥生)が、開発者のマッドサイエンティストと戦うストーリーだ! 彼女たちのの能力はすごいぞ! テレポート、サイコキネシス、テレパシー、ヒーリング、すべて可能。 なのにその能力を、「時かけ」の真琴並にくだらないことに使うぞ。 付け加えるならば、戦隊もののヒロインみたく変身はしない。 全般的に一昔前のファッション&芝居だ。 でも、ところどころで笑える要素はあり。 中でも、仲間がやられるシーンで見せてくれた二人の悩殺セクシーショットは見逃せません。 このシチュエーションでそれかよっ! と突っ込みいれること間違いなし。 歴史的なセクシーショットです。 このシーンだけでも見た甲斐があったってもんです。 ↑この説明で心動かされたそこのアナタ。 全体の安っぽさを我慢できるなら、チェックしてみてね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
おあずけ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-