ふたり

150
ふたり
4.2

/ 222

50%
30%
13%
5%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(50件)

切ない18.3%泣ける15.7%ファンタジー14.7%悲しい12.2%不思議8.6%

  • lud********

    1.0

    懐かしい時代

    映像から懐かしい時代を思い出した。 この作品は知っていたが、大林監督の作品はどうしても受け付けず、これまで観る機会がなかったところ。 やはり、20分でノックアウト。 早回ししたが、それも途中で脱落した。 正直、惹かれるものがなかった。

  • bel********

    5.0

    石田ひかりは逸材だった

    風景が綺麗。ロケ地て大事だね。 広角レンズで撮られたであろう カメラワークが秀逸。 映像だけでもゾクゾクする素晴らしさ。 悲しくもあり愛おしくもある物語。 バランス感覚がとても良い内容です。 中嶋朋子の美しさと歌声。 主題歌の「草の想い」は名曲です。 主演の石田ひかりより魅力あるかも・・。 大林さんの作品の中でも トップクラスの出来栄えです。 満点評価でお願いしたい。 昔観たのですが、あらためて観ても 良い作品に感じるのは名作の証。

  • tk

    3.0

    ネタバレ大林ワールドに浸れるか否か?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wea********

    5.0

    本当は…

    本当は幽霊じゃなく、実加が姉を失った悲しみを癒すための妄想だったのでは?千津子は、頼りなさそうに見えるけど実は達観した妹を羨ましいと思っていたのでは?脇を固める俳優陣、それぞれにクセがありファンタジーでちょっと不気味な世界観にひと役かっています。主題歌は一生心に残る名曲です。

  • aco********

    5.0

    美しく哀しい喪失の映画

    石田ゆり子のウィスパー声、雨や水や風のある情景、端々にチラつく赤い色が、この美しく哀しいヒリヒリした喪失の物語を彩っている。 大林宣彦の映画には一貫して、喪失、初恋、目眩、音楽へのロマン、(それに、きらめくような美少女たち…)、子供と大人のあいだで揺れる不安定な心理がある。 とはいえ、「新・尾道三部作」の一作目となる今作、「尾道三部作」時代のミラクルよりも、より「身近な」主題となっているように感じられる。何故か? 大林がここで描きたかったのは、まず何より「亡き人とともに生きてゆくこと」だろう。 身近な、かけがえのない人の喪失。 ある一人の人物をめぐっても、人それぞれの悔い、苦しみ、哀しさ、寂しさのかたちがある。 それは、ある段階までは共有可能だ。しかし根底のところで、あくまで「ひとり」のものでしかありえない。亡き人への想いは「ひとり」で抱えざるをえない。誰にも見えないところで、孤独にその人と向き合わざるをえない。 歳を重ねると、誰しもそんな「ここにはいないけれど、自分の中で生きつづけている人」の一人や二人はいるだろうし、悔いの残ることの一つや二つもあるだろう。 そういった、実は、誰しもが抱えうる「ありふれた」、でも誰にも積極的には打ち明けたくないような、言語化しづらいような極個人的なことにまつわる映画が、今作なんだと思う。 中嶋朋子の美しさが奇跡的。 石田ゆり子は夢見る表情から狂気的な表情まで、大したもの。大根っぽく見えるのは、リアリズムをあえて排除する大林独特の演出によるものであり、むしろ成功だと思う。 驚いたのは、後半に描かれる父親の抱える孤独、苦悩…、大林宣彦が、こんな中年の男のどうしようもない、やるせない姿を描くとは思わなかった。大人には大人にしか分からない、哀しさ、寂しさ、孤独や苦悩がある。むろん、父親に非があることも否めないのだが、そう単純化することのできない哀しさや苦悩というものが、人にはある。人間は弱い。 それを知ってか知らずか、傷つきながらも「お風呂に入っていらしたら?」という一言で自然に受けとめてしまう母親の姿、彼女の演技に、震撼した。 母親の身体の所作と声は、全編通して「これぞ昭和の女優の物腰」というもので、舌を巻いた。 大林宣彦、実は主人公の姉妹「ふたり」だけでなく、この両親、夫と妻の「ふたり」の姿をも描きたかったのではないか、と言っても言い過ぎではないのでは…。 細部にさりげなく尾道の昭和的な風俗が描かれているのも、実にいい。 大林映画は愛に溢れている。 一つだけ難をいえば、冒頭のチカンのシーン。ちょっと見ていられない…。 ああいったこと、実際、そう珍しくもなかったのかもしれないが、場合によってはトラウマがフラッシュバックするような不快なシーン。あそこで席を立つ女性がいても不思議じゃないよなぁ、と思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


石田ひかり北尾実加
中嶋朋子北尾千津子
富司純子北尾治子
岸部一徳北尾雄一
尾美としのり神永哲也
増田恵子内田祐子
柴山智加長谷部真子
中江有里前野万里子
島崎和歌子中西敬子
入江若葉真子の母
吉行和子万里子の母
頭師佳孝白いスーツの男
奈美悦子担任の先生
ベンガル真子の父
林泰文坊さん
奥村公延古文の先生
大前均ダンプの運転手
隅田靖板さん

基本情報


タイトル
ふたり

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-