ここから本文です

ふたり (1991)

監督
大林宣彦
  • みたいムービー 60
  • みたログ 576

4.19 / 評価:195件

私にはダメです。

  • cyborg_she_loves_me さん
  • 2018年7月16日 1時40分
  • 閲覧数 2253
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

 ここ見に来て、低評価がまったくない熱烈な賛美ぶりに、ちょっとびっくりしました。普通どんな映画でも、最低みたいに言う人っているでしょう。この崇拝ぶりに違和感を感じるのは私だけでしょうか?

 断わっておきますが、私は石田ひかりさんはデビュー当時以来の熱烈なファンだし(スポーツ少女なとこがかっこよくて、かわいかった)、赤川次郎さんの原作も、そんなに熱烈にじゃないですけど、けっこう好きな部類に入ります。
 その私でも、この映画は、見続けるのに相当な忍耐力がいります。

 この、あまりにもわざとらしい演技。
 棒読みの台詞。
 マイクに口を近づけてささやいてるようにしか聞こえない、画面に合わない音声。
 押し付けがましい尾道の映像(断わっておきますが私は尾道という町は大好きです、駄目なのはこの映し方の押し付けがましさです)。
 全然悲壮感のない作り物感いっぱいのこのトラック事故の映像(トラックを手で押して動かそうとするって、本気で被害者を助けようとしてないよ。普通は運転して動かそうとするでしょうに)。。
 等々。

 こんなイラつかされる映画、みなさんよくそこまで好きになれるなと思いました。ま、好みは人それぞれですから、お好きな方はどうぞ存分にお楽しみください。ただ私には、こういう感性で作られた映画はまったく「ダメ」でした、ということで。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ