ここから本文です

ふたり (1991)

監督
大林宣彦
  • みたいムービー 61
  • みたログ 582

4.20 / 評価:200件

25年ぶりに観て。

  • ake***** さん
  • 2020年4月13日 16時29分
  • 閲覧数 989
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

やや観る人を選ぶ作品と思います。ドストライクは10代の女子でしょう。

それから、過剰気味な演出と演技(大林作品としては控えめな方です)が受け入れられない人は最後まで興醒めし続けるでしょうから、冒頭15分見てムリなら最後まで見る必要はないです。

低評価の人はこの演出が合わない人ばかりですが、この演出がこの映画の世界感を作っていますので、現代のリアリズム史上主義でこの作品を非難するのは的外れです。
ミュージカルを見て「なんで突然歌いだすの?」と言ってるようなものです。


個人的には、本作は生涯ベストの1つです。

NHK版を放送当時に観たのが高校1年生。
その後何度見たか分かりませんが、気付けば25年以上遠ざかっていました。
監督が亡くなった翌日、当時の私の年齢となる息子2人と哀悼を込めて鑑賞。

25年ぶりでも殆どのセリフをそのまま覚えていましたが、やはり時が経つと視点が変わるものです。
初めて岸部一徳の父親の立場を考える自分がいました。

千津子に頼ってしまっていたことに気付かされたのは父も同じ。しかし妻は心を病み、頼りない次女は測り知れないショックを受けている。
父は、崩壊しそうな家族を支え、自分が支柱になろうと頑張っています。
そこへ優しく接する女性が現れ、つい心が揺れてしまった。

当時は情けない男だと思っていましたが、自分が同じ年代になり、父親になって、初めて理解に至ることが出来ました。

あと、本作の重要なシーンである舞台裏でのセリフ。
「だからここが私の居場所」
姉の様になろうと背伸びをして頑張っていたけど、自分に向いているのはそこじゃない。人を裏で支えるのも立派な役目だし、引け目を感じる必要もない。
その事に気付く本作の最も大事なシーンの1つです。

この作品が若者の胸に響いたのは、自分は何が出来るのか、何を頑張れば良いのか、自分の居場所が分からず もがく気持ちを実加に投影していたのかなと思います。

ウチの息子たちは私には似ず、スポットライトを浴びる側の人間で、リア充の視点では本作はあまり響かないようでした。
つまり、本作が響いた人はちょっと苦い青春を送った人ではないかと、そんな事に気付くのでした。

監督のご冥福を心よりお祈りします。
素敵な作品をたくさん、ありがとうございました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ