ここから本文です

きけ、わだつみの声 Last Friends (1995)

監督
出目昌伸
  • みたいムービー 13
  • みたログ 332

2.48 / 評価:74件

観てください。

  • tak***** さん
  • 2015年3月13日 20時57分
  • 閲覧数 2221
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

前置きとして、僕は戦争映画に「迫力」等は求めません。何を伝えたかったのかを考察することもいたしません。何を感じたか、を軸にしています。
僕は小学3年で公開当時に劇場で観ました。どんな戦争があったの?と知るための機会にはなり得ます。従軍慰安婦などの映像を見るのが早すぎる、トラウマ…などの声もありましたが、そんな次元で観るものではありません。僕は同年に被爆者の写真集もなから強制的にみせられ、所謂トラウマになりましたが、それが正解だと今は感じています。
日本人はアメリカ人に殺されたのか?それ以前に、日本人は日本人に殺されたのだ。死ななくてもよい、死んではならない人が日本の政策によって殺されたのだ。アメリカ人に殺されたのは結果論に過ぎない。
この映画の出来不出来に終始せず、ご覧になった方は、直筆の遺書や日記などを読むところから始めて頂きたい。わだつみと呼ばれる人たちの声に心を傾けることを。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ