ここから本文です

電柱小僧の冒険 (1987)

監督
塚本晋也
  • みたいムービー 2
  • みたログ 42

3.23 / 評価:13件

電柱小僧にピュアーなノスタルジックな感慨

  • fg9***** さん
  • 2017年4月19日 14時02分
  • 閲覧数 601
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …解説に『塚本晋也がPFFアワード’88においてグランプリを受賞した作品。
 背中から電柱が生えている少年が、吸血鬼が支配する近未来の世界へタイムスリップする。』 とあり、時間も46分と短いので観てみる。
 レビュー数は未だ1件のみで、評価は☆五つだ。
 凄い、スゴイ!
 …内容は、なんというおバカさん、としか書きようがないな。
 背中に電柱の生えた電柱小僧は、いじめられているところを剣道少女のモモコに助けてもらい、そのお礼に手製のタイムマシンを彼女に贈ろうとして、25年後の近未来世界にタイムスリップしてしまう。
 そこでは鉄の吸血鬼軍団が世界を闇に覆うべく、危険な秘密兵器の開発を進めていた。
 「あなたはそれを阻止すべく 過去から遣わされた救世主なのよ」と女性教師のサリバ先生から言われ、電柱小僧は鉄の吸血鬼軍団との決死の対決に挑むのだった。
 全編チープなSFXとコマ撮りを多用して作り上げた本作は、おバカで恥ずかしくて観るに堪えがたいものがあったが、なにか常識を覆される可笑しさもあって、観終わる頃になると電柱小僧にピュアーなノスタルジックな感慨も沸いてきて、映画って何でもあり~だなと思わせる異色の作品だった。
 一見の価値ぐらいはあったかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ