眠狂四郎 殺法帖
3.2

/ 37

8%
22%
51%
16%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(15件)


  • tos********

    3.0

    「奇妙な名じゃな」

    加賀前田藩宰相斉泰は、眠狂四郎の腕を見込んで千佐を遣わす。ところが斉泰と対立する豪商銭屋五兵衛も陳孫を遣い、狂四郎と手を組もうとする。加賀藩の密貿易の証拠となる碧玉仏をめぐる争いに、狂四郎はどう関わるのか。  眠狂四郎作品で一番有名な市川雷蔵主演シリーズを初観賞。なかなか面白いものでした。狂四郎が金対権力どっちにつくのか、どう戦うのか見どころも多い。陳孫との決着もクールで新鮮。円月殺法で、敵はばたばた斬られる。でも、音は刀が空を切ってるだけのよう。人を斬ってるような音じゃないところが、また強そう。「俺の剣が完全に円を描き終える前にお前は死ぬ」って北斗の拳のようなセリフ、この作品へのオマージュだったのか?  「奇妙な名じゃな」やっぱりそう思う。

  • ame********

    2.0

    どこにあるんだ!

    「俺の剣が完全に円を描き終える前にお前は死ぬ」 カメラワークこのくらいがちょうど良い 役者の所作がいちいち細かいのがホント良いな しかし展開早い早い プロットだけで進んでいく感じ 天守閣?の顛末もどぎついな

  • とし

    3.0

    無想正宗

    2020年9月13日 映画 #眠狂四郎殺法帖 (1963年)鑑賞 #柴田錬三郎 原作の眠狂四郎シリーズの第一作 相手役は、#中村玉緒 中村玉緒さんって若い頃は声がかすれてないんだね! #若山富三郎 が #城健三朗 名義で出てました

  • tom********

    2.0

    うざい!が出てくる最古の映画?

    市川雷蔵が「うざい!」と言う場面がある。これは、「うざい」という言葉が出てくる最古の映画だと思う。「うざい」は「不快だ。気味が悪い」という意の、八王子を中心とする東京多摩地区の方言。昭和40年代後半から東京の若者言葉になり、その後全国に広がったそうだ。この作品は昭和38年なので随分先取っている。 チンソン役で城 健三朗(若山富三郎)が出てくるけど、足も上がらないし少林寺拳法には無理がある。いっそのこと、分身の術で弟の勝新太郎も召喚すれば良かったのに。

  • カリブソング

    2.0

    ピンとこない

    剣と少林寺拳法のカップリングにビックリした(^_^;)

  • qaz********

    3.0

    玉緒

    先週の木曜に、GEO国立店でレンタルし鑑賞しました。 若い玉緒は見ものです。

  • bmw********

    4.0

    漫画を見ているような時代劇

    懐かしい配役ばかりで、中村玉緒が美しい。富三郎も若い。 武士道みたいなストーリーではないので、単なる切りあいが見せ場という事になる。

  • ind********

    3.0

    眠狂四郎をめざめさせた1作

    眠狂四郎シリーズは、この作品の前に1956~8年頃に、鶴田浩二主演で3作あるとのことです。その作品名には原作と同じ「無頼控」がついています。しかし、どうも当りが芳しくなく3作で終了しているようです。 その後、5年の時を経て市川雷蔵のシリーズが制作されている、その第1作とのこと。原作の小説が相当売れたのでしょうか、映画会社はなんとも諦めきれなかったのでしょうか。 そして、この新シリーズから半世紀を大きく超えて制作されることになるのですが、この作品の眠狂四郎はその後のシリーズからイメージしていた眠狂四郎とは少し違っているような。 「へそまがりのひねくれ者」ですが、中村玉緒演じる敵のスパイ(でも・・・)に惚れて、いや「恋して」、叫んじゃう・・・クールなニヒルさとはやや違った印象。 鶴田浩二のシリーズで失敗しているので、制作側も様子見か、やや手控え気味でセット撮影は少なく、概ねロケ。しかし、カット数の少ない長回しのこのロケが、奇妙に生々しく、ドキュメント風の味わいでかえって新鮮だったのではないでしょうか。「木枯らし紋次郎」に似たテイストになっています。 その後当たり役(代名詞といってもいい)になる、市川雷蔵も本作では、どこか手探り状態が観れ、演技に一貫性がかけるところも観て取れます。しかし、これも鑑賞の楽しみ。 「円月殺法」の誕生の瞬間も描かれています。狂四郎のニヒルさの裏にどうもマザー・コンプレックスもあるような。 この後、三隅研次監督の次作で眠狂四郎は異様な魅力を発揮することになるのですが。その前の、田中徳三監督演出の狂四郎には、当時このヒーローをどう理解していたのかが感じられ、とても興味深い1作となっています。 鶴田浩二シリーズも是非探して観てみたいと思います。 こりゃあ、クール・ジャパンの財産なんですねえ。

  • kor********

    4.0

    眠り先生のお背中を追いかけて

    封建社会の世の中で虚無な心を貫き通し、私服を肥やす下劣な悪人達をバッタバッタと切り捨てるニヒルなヒーロー「眠狂四郎」。市川雷蔵の当たり役としてシリーズ12作続くことになった、その記念すべき第一作目を観賞しました。 浜辺で寝そべりながら編み出した「無双円月殺法」。しかし、「眠狂四郎」といい、一度聞いたら忘れないネーミングセンスが素晴らしい。そして、市川雷蔵ならではの妖艶な端正と個性的なエログロな映像が合わさり、なんとも独特な世界観を生んでいます。 第一作目にも関わらず、キャラクターの設定は既に出来上がっており、脇役との関係もスムーズであります。ですが、若山富三郎の役柄はどう見ても少林寺拳法ではなく、空手バカ一代の演技であるのですが。迫力と好敵手具合に免じてまぁ良しとします。大映作品なので中村玉緒が当たり前のようにヒロインで出演していましたが、この頃はガラガラ声でなく乙女そのものな声色でした。演技もなかなか。 人を斬ろうと、女を抱こうと、潤せない渇きを背負い生きる剣士。頼まれたら断れない正義のヒーローに隠された過去はシリーズ一作目では全て見ることは出来ませんが、彼の遠のいた背中を追いかける視線は手に入れられた気がしたのです。

  • おおぶね

    4.0

    立役と二枚目とウツイズム

     眠狂四郎(「きょうしろう」が変換されるって変)シリーズをBSで始まった。  狂四郎というといやらしいイメージしかなかったので、見ることにしたのだが、これはそうでもなくて、実際には徐々にいやらしくなる。  癖のある大映がまともな映画を作るはずもなく、考えてみれば時代劇の定石を破っていることに気づく。  時代劇というか、歌舞伎などの伝統に立役と二枚目というのがある。  立役とは、強くて逞しく、思慮分別にも富み、人格的な迫力と器量の大きさを持っている役柄のことである。武士の理想像をモデルにしているため、恋愛はしないことが武士の道徳である儒教の定めである。主人への忠義のために、妻や子への愛を犠牲にした。  二枚目とは、甘い美青年で柔弱で軽率で頼りなく、ときには不良的でもある。歌舞伎の主たる支持層である町人は立役だけでは物足りないために必要とされた。家や仕事をほうり出しても女への愛のために死ねる美徳・純粋さを持てた。  西洋のロマンス、というか映画でヒーローは冒険と同時に恋をするものだ。  映画評論家の佐藤忠男は「講座 日本映画1 日本映画の誕生」の中で次のように書いている。 「古今東西をつうじて、メロドラマの最大のテーマは冒険と恋であるが、騎士道物語のヒーローたちはその両方をひとりでやる。しかし日本の歌舞伎では、冒険は立役の担当であり、恋愛は二枚目の役目である」 「西洋の映画は、子ども向けの活劇でも、さいごにはヒーローがヒロインを抱きしめるということがハッピー・エンドの定型であったが、日本の子どもは恋愛に価値があるとは教えられなかったから、それを嫌らしいと思った。他方、青年男女、とくに女たちは、そうした子ども時代の意識を引きずっていて恋愛に対しては臆病だったが、恋愛を悪と見る封建思想からも解放されたがっており、恋愛に憧れた。その及び腰の恋愛賛美にちょうど合っていたのが新派劇であった。このような意味で映画は<女子ども>のものとなった」  つまり、ヒーローは恋愛しないのが日本の時代劇なのだ。  三船が恋愛するなんて、時代劇では見たくない。  なのに、狂四郎は女と寝てしまう。  大映はゴジラじゃなくて、ガメラを作っている会社で、ガメラは金がないというので、基地が何もなくていい南極になっている。  つまり、ご都合主義の会社なのだ。  後に山口百恵の「赤い疑惑」などの「赤いシリーズ」につながっていく。  宇津井健が必ず出てくるので、「ウツイズム」と呼ばれる大映テレビ室のドラマになるのだ。  「悪女狩り」「卍斬り」「女地獄」「人肌蜘蛛」「魔性の肌」「多情剣」って。  でも、雷蔵が若くして亡くなったのは残念だった。  見つめるだけで処女を犯してしまうような妖気のある役者だ。

  • spl********

    3.0

    市川雷蔵

    彼の主演映画を初めて見ました。 今の映画と違って音響効果は静かだし、人を切った後の刀の扱い方も、刀を川で洗ったりしていてちょっと新鮮。 今だと、華麗な刀さばきで鞘に収めるでしょ? 「眠り狂四郎」といいますが、なぜ「眠り」なのかよくわかりません。 出世やしがらみに背を向けて、自由に生きているから? 違うねえ・・・・ 40年以上前の作品でもあり、中村玉緒さんが若くてきれいで妖艶。 清国人の男の役が、名前は聞いたことないけど、若山富三郎に似ているなあと思っていたら、ご本人でした。一時期改名していたんだそうです。 皆さん、若いけど、それなりに重厚というか、今の時代劇よりずっと重みがあります。 主演の市川雷蔵氏は今でも女性ファンが多いそうですが、確かにカッコいいですね。 また機会があったら、彼の出演作品を見てみようと思います。

  • jig********

    3.0

    弧を描く円月殺法炸裂

    「俺の剣が円を描く前にお前は死ぬ」 なんともかっこいいセリフですが、 主人公の必殺技である円月殺法を見たものは死ぬそうな。 そういえば戦隊ヒーローもののロボが 円月なんとかという技を使ってた気がしますが 元を正せばここに辿りつくんですかね。 こうして必殺技は次代に受け継がれていくのか・・。 初めて眠狂四郎を観ましたが、 どの辺が”眠り”なのかは不明でした。 あまり関係ないのかもしれません。 主人公のライバルぽい男が 僧侶のような井出達で 少林拳の使い手(空手とも言ってたような)で 蹴りで灯篭をぶっ壊してましたが 彼のほうが実は強いんじゃなかろかと思いました。 ちなみに城健三朗という人だそうで・・ というか誰?とか思いましたが 若山富三郎さんが一時期改名していた時の名前のようです。 どおりで勝新さんに似てたわけだ。 そのせいかはわかりませんが 中村玉緒さんも出演していまして こちらはこれまた若いっ。 値打ち物の像を巡ってあれやこれやと話が進みますが、 最後に狂四郎の言う、 宝物より価値があるのは自分が大事にしている人だろ という部分が説法のようでいて これぞ時代劇!という締め方なのかなと思いました。

  • ww2********

    4.0

    NO.49「ね」のつく元気になった邦画

    <元気コメント>  誰にも束縛されず自由に生きたい。  幸福を求める一つの方法だと思います。  眠狂四郎の行き方にはそんな一面がうかがえます。

  • kan********

    4.0

    痛快~というか・・。

    たまに昔の映画も観たくなりまして、遂・・手を伸ばしてしまいました。 時間も80分代と短いし借りました。 映画の手法とかよく分かりませんので、現代で作ると違う感じになるのでしょうけど・・・。 これはこれで見応えのある作品でした。 痛快~と言う感じでも無いのですが、ちょっと影のある眠狂四郎を市川雷蔵が見事に演じきってます。 つうか、市川雷蔵が演じたから影のある眠狂四郎になったのかな? 目茶!強くて、目茶!女にもてる。 妬けるけど、どうしようも無いほど存在感がありかっこ良い。(男の色気と言うやつですかね) 中村玉緒もまたこれが可愛いことが。(^^;) 個人的には一連の作品も借りようと考えてます。 時間も短いし他のを借りたついでに借りると良いかもです。

  • aa0********

    3.0

    枯れたような美学の時代劇

    ●映像・音楽・台詞・殺陣全てが静かというか、淡々としている。まるで枯山水のような時代劇。自分がもっと年を取ると感じ方も変わるのかも。個人的には黒澤明の脂っこい時代劇の方が好きだなあ。 ●つるっとしたキレイな顔立ち、呟く様な台詞回し、ピシッとした着物。市川雷蔵の浪人役は泥臭さが全く無いので、映画と言えどもちょっと浪人には見えないなあ。 ●映画が終わると顔を忘れてしまう位、男優は総じて影が薄い。しかし中村玉緒は妖艶で、狡猾で、力強く、匂い立つような色気が有ってイイ。このシリーズ、どうやら女優の色っぽさが高い評価を受けているらしい。

1 ページ/1 ページ中