ここから本文です

Love Letter (1995)

監督
岩井俊二
  • みたいムービー 861
  • みたログ 3,797

4.07 / 評価:1375件

高評価、なぜ?

  • wri***** さん
  • 2020年8月19日 16時04分
  • 閲覧数 1997
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

基本的な設定に無理がある。

死んだ恋人に手紙を出したら返事が来た……これ自体が無理。同姓同名はあっても、道路になって現に存在しない住所になぜ手紙が届くのか。あまりにも基本的な常識が否定された上にはシリアスなドラマは存在しえない。

重病で意識のない大人を70過ぎの老人が背負って雪道を何十分も走る……あり得ない。コメディならともかく、シリアス調でこう言うことをされると苦笑してしまう。ただのおんぶとは全く違う。映画を作る人は、自分でやってみてから作品にすべきだ。

恋人を失った女性と、その恋人と同姓同名の女性がうり二つ(中山美穂二役)……これってどういう意味があるのだろうか? 亡くなった彼は、中学時代の思いがあったから自分を好きになった? ということ?……ならばその伏線はこのストーリーに沿っていない。むしろ逆行している。どうしても二役をやらせたいなら、キャラでもっと差をつけるべきだ。観ている方は混乱するばかり。

中山美穂ファンにはいい映画だと思う。ただ、評価があまりにも高過ぎて、そのことに驚いた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ