けっこう仮面
3.3

/ 8

38%
0%
25%
25%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(2件)

かっこいい14.3%セクシー14.3%勇敢14.3%かわいい14.3%笑える14.3%

  • cyborg_she_loves

    2.0

    原作読みましょうよ

     永井豪先生は大尊敬してますし、「けっこう仮面」は中でも一番の愛読書といってもいいぐらい大好きです。  その上で、これ見たら。  原作にあって実写映画にないもの。  それは、「テンポ」です。  なんですかこの、しーんとした無音のシーンの長さ。アクションシーンの気合のなさ。けっこう仮面の弱弱しさ。  これじゃあ、ただ女の子をハダカにして喜んでるだけ、と言われて馬鹿にされたって、文句は言えますまい。  永井豪という人を、アニメや実写映画でぜったいに判断しないでくださいね、と言いたいです。この人のコミック原作の価値は、他のメディアでは再現不可能です。

  • sei********

    3.0

    究極の女性ヒーロー。

     これも意外にレビューが無いので書こう。「けっこう仮面」初の実写版である。同時期にアニメ版も制作された。  永井豪氏は「はれんち学園」を60年代終わり頃に少年誌で発表して、官民共闘の悪書追放運動の矢面に立たされていた。永井氏は非難を浴びせる人々の前に出て話し合いを続け、人格否定の罵詈雑言を浴び続けてもめげずに漫画を描き続ける。そんな体験がデビルマンなどのアンチヒーローに役立っているようだ。一見すると正義でも、権力に任せて個人を踏み潰す存在に対する警鐘と憤懣が永井氏の作品に渦巻いているように見える。  PTAや一部フェミニスト(余談1)が「子供の教育に悪い」「女性蔑視」と非難する中で、永井氏は女性ヒーローの先駆け「キューティーハニー」(余談2)を発表。この「ハニー」は変身の際に着衣が四散して一時的に全裸になるため物議を醸すが、つづく「けっこう仮面」ではなんと赤い覆面とブーツだけの殆ど全裸のヒーローとして悪を退治していく。しかも悪は生徒に詰め込み教育を行い、授業に付いてこれない女生徒にセクハラ体罰をする学校である。今にして思えば、批判勢力への開き直った意趣返しなのか?  当時、小学生だった私はアニメ「キューティーハニー」のお色気場面で少なからず興奮し、「少年ジャンプ」に「けっこう仮面」が掲載されるのを見て「ついに永井豪はやってしまった」と殆ど全裸キャラに少し呆れたものだ。たしか最初は不定期掲載で後に連載になったと思う。  さて、根強いファンがいる「けっこう仮面」だからいずれアニメ化されるとは思っていたが、実写ビデオ化されるとは思ってみなかった。この作品が冒頭で述べたように初の実写作品で、90年代に3作つくられ、10年後の2003年から制作が再開されている。  俳優たちも楽しみながら演技しているのが感じられ、作品全体の雰囲気は良かった。中でも注目なのは、けっこう仮面の描写だ。赤い覆面とブーツ以外は何も着けていないので、どのように不自然なく誤魔化すか気になった人は無数にいただろう。概ね赤い覆面から垂れている帯で前が隠れるように配慮され、前貼りも判らないように施されていた。日焼けあとの無い色白の女優を使ったことが覆面の赤を引き立たせて映像としても印象に残るものになっている。下手にモザイクをかけると逆に卑猥に映るので、制作者たちが苦心してカメラワークや殺陣を検討している様が察せられた。  ただ、残念なことに、扮する女優のプロポーションは漫画の雰囲気に近いものだったが、もう少し筋肉をつけてほしかった。カメラワークの制約上なのか、それとも運動神経にやや難があるのか、殺陣がドン臭かった。ヌンチャクをブルース=リー氏のように振り回すのは随分練習したと思うが、ぎこちなさは払拭できていなかった。また、同時期に発表されたアニメ版ではプロの声優が担当しているので発声に張りがあったが、実写版では台詞回しに力が入っておらず、敵役サタンの足の爪を圧倒する迫力が無い。この傾向は21世紀版の「けっこう仮面」でも改善されず、アクションができる女優が少ないのが残念である。 (余談1)フェミニストにも様々な派があって、性を否定的に捉える者もいれば、積極的に性を肯定する者もいる。 (余談2)女性ヒーローには手塚治虫氏の「リボンの騎士」が先だが、これは少女であることを隠して少年のふりをしている。最初から「女性」を強調しているのは「キューティハニー」だ。けっこう女の子にも人気があった。  男ばかりのヒーローという状況を積極的に打ち破ったのは永井豪氏である。この点は認めるべきだろう。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


監督

原作

脚本
青木クリス夏錦けい子
ポール牧サタンの足の爪
後藤宙美高橋真弓
関根勤司会の教師
華井すずみ結花千草
渡辺路恵若月香織
沢村美由紀青山あかね
永田真樹子女生徒A
山本昌平無情の介
プリティ長嶋立花先生
モロ師岡弁教師

基本情報


タイトル
けっこう仮面

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-