レビュー一覧に戻る
新諸国物語 笛吹童子 第一部 どくろの旗

bakeneko

5.0

ネタバレ”ドクロベエ”のマークは本作由来?

NHKの新諸国物語の第2作として1953年にラジオ放送された児童文学作家北村寿夫原作の映像化作品の三部作の第一話で、戦国時代初期の丹波の国での騒乱によって、野武士:赤柿玄蕃(月形龍之介)に滅ぼされた満月城の丹羽一族を再興すべく、明から帰国した菊丸(中村錦之助)&荻丸(東千代之介)兄弟のそれぞれの敵討ちの努力と旧家臣とその家族の献身&将軍家の御落胤の妖術使いらの活躍が展開します。 1954年の4月公開の第一部公開後、週替わりで全三部作が順次公開された三部作は発足間もない東映に大ヒットをもたらし、1953年末に全国で数10館にすぎなかった専門館が、1954年2月に95館、8月に149館に急増をもたらし、社会現象にまでなった人気作で、高等向かいなジュブナイル活劇でありながらも抜群の面白さの娯楽作となっています。 単に笛が上手いから「笛吹童子」とか、 ドクロの面の呪いを白鳥の面で打破するとか、 本物の印がないと攻め落としても城主に成れないとか …突っこみ処満載の高速展開の第一部で、本作が本格主演デビューとなった中村錦之介&東千代介のフレッシュさは原石の輝きですよ! ねたばれ? 顔につけた面が取れないのは、デュマの「鉄仮面」の影響かな?

閲覧数154