ここから本文です

魔性の夏 四谷怪談より (1981)

監督
蜷川幸雄
  • みたいムービー 3
  • みたログ 44

2.79 / 評価:14件

新解釈ではある

  • kin***** さん
  • 2019年6月27日 8時37分
  • 閲覧数 185
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

さすが蜷川幸雄という俳優の使い方は見ることができるけど、観客は置いていかれる。監督がやりたいことをやった、お好きな方だけどうぞ、という感じ。
 高橋(クレジットは関根)恵子は、きれいだ。お岩メイクも、左側から見ると全くきれいなまま、右の額だけが禿げ上がっているという、女優に配慮したようなもの。
 お化けシーンのいくつかは、ギャグ? と言いたくなるような、突飛なものになっている。まあCGのあまり発達していない当時、随分頑張って作ってるという映像だが、そんなに映像を凝るより、シナリオに凝って欲しかった。
 演劇界の巨人だから、人間の業にまで迫るような展開を見せるかと思ったけど、不倫は良くないよ、程度のこと。期待はずれ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ