ここから本文です

秘密戦隊ゴレンジャー (1975)

監督
田口勝彦
  • みたいムービー 0
  • みたログ 11

4.00 / 評価:3件

バンバラ バンバンバン♪

  • ぶりばり さん
  • 2007年9月1日 23時07分
  • 閲覧数 560
  • 役立ち度 28
    • 総合評価
    • ★★★★★

 5人戦隊の先駆け。5人で寄ってたかって1人の敵を倒す?というシリーズです。

 何を隠そう、この戦隊も原作は石森章太郎先生だったんですね。

 ♪ひ・み・つ (オッオー)♪せ・ん・た・い ♪と、歌にあるように、どうやら秘密戦隊らしいですが、何をそんなに秘密にしてたんでしょうか?
 かなり堂々と戦ってたような記憶があります。必殺仕事人やハングマンの方がよっぽど秘密裏でした。

 ここでいきなり、メンバー紹介。

 アカレンジャー・・・

”ムチ”という小さいお子さんには詳しく説明できない、アブナイ武器で戦うリーダー。サッカー部らしい。主役の角刈りチックなヘアスタイルが何ともイカす。(←渡哲也か!)

 アオレンジャー・・・

ヒーローものには欠かせなかった「宮内洋」を起用。『仮面ライダーV3』、『怪傑ズバット』でお馴染みの、今で言うイケメン。彼が”アオキャラ=カッコイイ”と定義付けたもんだ。ブルーチェリーという美味しそうなネーミングのアーチェリーの武器がカッコよかった。
 
 キレンジャー・・・

黄と言えば、カレー。カレーと言えばキレンジャーぐらいのインパクトだった。しかも、武器は「無線機」、サイドカーも横にしか座らせてもらえない。哀愁ただようキャラだった。

 モモレンジャー・・・

桃色のモモではなく、実はペギーの太もものモモであったと噂されたかどうかは定かではない。それに、爆弾のプロであるところがまたイケてる。投げる前に「行くわよ!」といちいち声を出していた。(←敵に確認してどうする?)

 ミドレンジャー・・・

個人的に一番好きだったかも。緑色が好きなのは、この影響?ミドメランというブーメランに憧れたもんだ。次のミドパンチャーも捨てがたい。

 今思えば、キャラそれぞれの個性が際立っている。

 敵も「~仮面」という名前で統一されていたし、とにかく地球の平和のために頑張ってくれてるんだなぁ・・・と子供心に応援してた気がする。

 そんな中でも、さらに子供心を熱くさせてくれたのが、乗り物(マシーン)だ。

 先ほど触れたバイクのサイドカーはもちろん、バリドリーンという飛行機(母艦)。

 バリタンク、バリキキューンなど。ちなみに、タンクは地面に潜ることの出来る戦車です。キキューンってのは気球のことです。ネーミングに、いちいちセンスがあるよなぁ~。

 なぜか、全部”バリ”が頭に付くしね。(←ぶりばりのバリか?)

 最後に必殺技を紹介しときます。

 その名も「ゴレンジャーストーム」です。

 モモレンジャーがボール型爆弾を用意し、キレンジャー、ミドレンジャーとパスが渡り、最後にアオレンジャーがボールを地面にセットする。(←パスの意味ねぇ~)

 最後にサッカー部であるアカレンジャーがトドメのキック、いやシュートを敵めがけて放つという、めっちゃ遠まわしの技です。

 最初からアカが蹴れよ!

 なんてツッコミは当然あったことでしょうが、そしたら、5人の意味ないもんね。

 やっぱり、みんなで力を合わせないとね、そこは必要な演出なのである。

 まだまだ、おもろいネタはあるのですが、今日はこの辺で・・・。(続きはありませんが・・・)


 ていうか、何でボクはこんなレビューを書いているんだ・・・???

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ