ここから本文です

恋の大冒険 (1970)

監督
羽仁進
  • みたいムービー 2
  • みたログ 6

3.40 / 評価:5件

パックン!食べちゃった♡

  • bakeneko さん
  • 2010年4月22日 17時21分
  • 閲覧数 389
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

1970年に映画&テレビで活躍していた“映画&音楽好きのお友達”精鋭グループによる、活き々として可愛らしくも懐かしい、機智&稚気溢れる楽しいセミミュージカル映画であります。

1960年代に子供していた人集まれ~。
いや~、40年ぶりに“あの時代の空気”を満喫しました。
この映画は、映画好きの仲良し才人達が協力して創った、“夢のコラージュ”であり、1960年代の音楽やファッション、街の光景等がタイムカプセルの様に、そのままで保存されている作品で、40代の人は観ていて“知覚”というよりも“肌合い”で、当時の自分がいた世界を思い出させてくれます。
一応当時人気だった“ピンキーとキラーズ”の今陽子主演のスラップステイックコメデイミュージカルですが、混成チームの面々が兎に角凄い!主要な人だけでも、
(監督&脚本)
羽仁進:アフリカ趣味、戸外撮影の躍動感!
山田宏一:ヌーベルバーグ的表現(「地下鉄のザジ」等へのあこがれも…)、フレンチミュージカルシークエンスを邦画に反映!
(アニメーション)
和田誠の絵を虫プロダクションが動かす!更に若き日のアテレコ役者(当時“声優”は蔑称でした)の顔も観られる!:熊倉一雄、山田康男、加藤みどり…。
(音楽)
いずみたくの音楽+ゲスト歌手(主演の今陽子&由紀さおり&佐良直美&皆川おさむ)の歌声!
(テレビ界の才人の怪演!)
前田武彦のミュージカルシークエンス、藤村有弘の多国籍言語芸!…。
更に、当時の人気キャラクター達が大挙して出て来ます!(もう書ききれません!)。

醒めた大人の目で見れば、かなり雑然として単純&幼稚な部分もありますが、「リリー」や「赤い風船」の様に“他愛も無い”と言ってのけるには、あまりにも可愛らしい作品で、全体を流れているリリカルな明るさに、“高度経済成長期の頃の眩しいほどの希望”を感じることが出来る映画であります。

懐かしさだけでも40代の方には無条件でお薦めの作品ですが、“何でもあり”の茶目っ気たっぷりの明るさは、全ての人が楽しめるのではないでしょうか(もちろん、現役のお子様は素直に気に入ると思いますよ)。






ねたばれ?
そういえば、昔の雑誌(“中○時代”や“高○コース”等の学習誌)には、“睡眠学習マクラ”という怪しげな製品の広告が載っていて、効能を信じて使った前田君は「一生懸命眠ったのに、何も覚えていない!」と、試験当日にパニクっていたなあ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ