薮の中の黒猫
3.8

/ 9

22%
44%
22%
11%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • stu********

    5.0

    お母さーん!

    子供の頃に観て鳥肌が立ちました。最後に侍があばら屋で叫ぶ「お母さーん!」今でも夢に見ます。

  • mas********

    3.0

    殺された妻母が黒猫に呪うところがイマイチ

    長いワンカットシーンと音を立てず民家にぞろぞろと武士がやってくる セリフもなく 悲鳴もなく 武士の表情と無言で乱暴され逃げていく武士たち 白い煙と火に包まれ燃えていく民家・・・殺された妻と母の遺体があまりにも 焼けた損傷が少ないのが疑問に残ります また殺された妻母が黒猫と呪いで結びつけるところが演質的にやや難しかったのでは 怨念と恨みで最初に殺されるシーンで馬に乗った武士が家に連れていくシーンの静けさ と不気味さは日本の怪談らしくいい場面でしたが・・次から次へと武士を殺す場面で 怖さが失っていくのが残念 ただ大地 喜和子が良かったです 羅生門の京マチ子のような色気がある 怖い怪談よりも切ない可哀そうな怨念感じでラストの切り落とした左腕をくわえて 去っていく母役乙羽 信子の手を振りながら去っていくところが時代劇ファンタジー みたいでした また銀侍が妻母と知っていながらも行動がやや理解出来ませんでした 「お母さん~」「妖怪め~」の繰り返すセリフが銀侍の本当の気持ちがどうしたいのか 死んでいくところも半端に残してしまう

  • mal********

    3.0

    娘が侍を襲っている間、母は踊っています。

    1968年に公開された怪談映画(懐かしい響きですな)です。 戦乱に明け暮れる平安時代中期、落武者達に乱暴され、殺された母と嫁の怨念が黒猫の化身と化し、羅城門に侍を誘い出して生き血をすすって恨みを晴らすという、なんとも日本らしく、そしていかにも怪談という名前にふさわしいストーリー展開です。 もちろん、この妖怪を放置しっぱなしではなく、藪の銀時(やぶのぎんとき)なる侍が大将に退治を命ぜられ羅城門に向かうのですが、この銀時と妖怪にはただならぬ関係が存在しており、銀時は苦境に立たされてしまいます。 近年のホラー映画に慣れた人にとって、本作の展開は静かでスローテンポかもしれませんが、モノクロ映像の迫力プラス、妖怪が整然と地獄に落ちることを受け入れる姿勢が美しく感じます。 静かに怖い映画を御覧になりたい人におススメしたい映画です。

  • Amaterasulover

    4.0

    雨月物語か、薮の中の黒猫か。

    美しい映像です。溝口健二監督の雨月物語か、この薮の中の黒猫か、というところでしょう。 脚本も素晴らしいし、一見の価値有り。 妻役の大地喜和子の美しさ、雨月物語の京マチ子も美しかったけれど、甲乙付けがたいです。 平安の女性の化粧や衣装には個人的に凄く引かれます。きっとこれはDNAなんでしょう。 昔の彼女が、公家顔で切れ長の目で超「和」な顔だったんですけれど、思い出しちゃいました。 白い蔦のような女性で、しなやかで柔らかく、、、、「もっと抱いて、もっといじめて、」とこの映画の シゲと同じことをいって、絡みついてきて、熱くエロティックな夜を、、、すみません。熱くなりすぎた。 プチ涙しました。 雨月物語も「愛」の物語でした、これもそうなんですが、少々入り組んでいるプロットになっています。 雨月が好きな人は、是非観てみてください。

  • ber********

    5.0

    最も印象に残った台詞

    もっと苛めて…。

  • big********

    4.0

    哀しくも切ない夫婦愛、親子愛

    最初は、昔よく日本映画にあった化け猫の恐怖映画かと思って見てたんですが、さすが新藤監督、一本筋のあるストーリーでした。 反戦、戦争というものの愚かさを語っているし、その反面、妻や母の愛情という人間の美しい部分も語っていて、深いテーマ性がありました。 映像も山の中の霧深いシーンや、主人公が戦争が終り、太陽を背に馬を駆って国に戻っていくシーンなど、一枚の絵を見てるような印象を受けました。 そして、主要な役者がやっぱりいいですね。 若い侍の中村吉衛門は、田舎の百姓が戦果を挙げて侍になったという設定ですが、百姓の素朴さ、はつらつとした純朴さをうまく演じてました。そして、後半は妖怪となった妻、母をせつなく慕うという悲しさを全身で表現してました。 妻役の太地喜和子はまだ20歳ぐらいなんですかね、初々しかったですね。 テレビの「白い巨塔」での財前五郎の愛人役の印象が強くて、妖艶な印象が残ってるんですが、この映画では若いせいか、妖艶さの中にも可愛らしさがありました。夫を待ち焦がれて、夫への愛のために死んでいくという一途な妻役にぴったりでしたね。 それから、母役の乙羽信子。派手な表現や演技はないですが、抑えた演技で息子や嫁を思いやる母を貫禄たっぷりに演じてました。 時の太閤を演じていた佐藤慶は私のお気に入りの俳優ですが、若かったなあ。粗野でぎらぎらしていて、野心のある太閤役にはまってますね。 この映画の中で、すでにワイヤーアクションみたいなことをしてるのも、新たな発見でした。いまから、40年前ですか。 こういう骨太な映画が好きなんですが、最近の日本映画にこういうタイプの映画がないのが惜しいです。

1 ページ/1 ページ中