クレージーの 怪盗ジバコ
3.6

/ 12

17%
33%
42%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(4件)

笑える15.2%コミカル12.1%楽しい12.1%ゴージャス9.1%かっこいい6.1%

  • qaz********

    3.0

    植木のクレイジー

    月曜に前に買った「東宝爆笑喜劇のDVDマガジン」で鑑賞しました。 本作は同名小説からキャラクターと設定を拝借していつものクレイジー作戦シリーズの笑いとミュージカルを全面的に押し出した内容になっています。 谷やハナが助演で活躍するのも今までのシリーズのパターンです。 当時は山田洋次の人情喜劇の出演が多かったハナも本来のお笑い芸人になり銭形警部を彷彿させるコメデイリリーフぶりを発揮しています。 桜井センリは「シャボン玉ホリデー」のコントで十八番にしていたおばあさんのキャラで登場です。 メンバーに植木が変装している時声をアテレコで植木にするというのもいアイデアです。谷が白バイを拝借するのも前にレビューした「クレイジーだよ奇想天外」での中古車でのカーチェイスのリサイクルです。 ただ、ラストで本性を現した外人の悪ボスが植木の顔をめくるとハナたちに変わるというシーンはルパンなどのアニメならいいのですが実写だと不気味です。

  • kot********

    4.0

    奇想天外さが楽しい

    怪盗ジバコと国際窃盗団の争いを描いたコメディ。変装を得意とするジバコをクレイジーキャッツの面々が演じ、楽しませてくれます。 奇想天外な演出も良く、とくに京都から横浜までの盗品輸送のシーンは、笑わせつつもなるほどと思わせるものがありました。 序盤、日本の誇りを頂戴すると公言したジバコのコメントに、日本の誇りとは何かをインタビューするシーンで、作成当時(昭和40年代)の日本の背景が垣間見られ、興味深いところもあります。 クレイジーキャッツの映画には度々出演されている浜美枝さんの美しさも際立っており、花を添えています。

  • pin********

    3.0

    追悼、北杜夫さん。(ちょっと遅いけど)

    この10月、北杜夫氏が亡くなられました。 北杜夫氏は、僕の青春前期を飾る作家です。 中学生時代は、北杜夫氏の作品ばかり読んでいました。 初めてファンレターなるものを出したのも北杜夫氏。 万年筆での小さなサインが入った印刷のはがきが送られてきて、それは恥ずかしながら、いまでも僕の宝物であります。 その北杜夫氏の作品の中でも、ごく初期に読んだのがこの『怪盗ジバコ』。 このジバコという名前はたぶんフランスのサスペンス映画『ジゴマ』をもとにしているのでしょう。 当時、エスプリの利いたこの作品を友達が読んでいて、読んだ内容を中学校の登下校の際に僕に話してくれました。 彼の話し方が上手だったせいもありましょうが、僕はすっかり『ジバコ』の虜になってしまい、『ジバコ』を皮切りに、北杜夫の作品を次々と読むようになていきました。 僕に『ジバコ』を教えてくれた彼は、その後、北杜夫氏と人気を二分していた遠藤周作氏のエッセイに進んでいきましたが、僕は北杜夫氏の抒情性に魅了され続けていました。 さて、本作はその北杜夫の『ジバコ』をベースにしながらも、クレ-ジー・キャッツの面々の活躍するドタバタ映画として作られたもの。 実はクレージー・キャッツの作品を見るのはこれが初めて、クレージがあらゆるところで活躍し、脂の乗り切っていた時代の作品なのでしょうが、ぼくにはどうも受け入れられませんでした。 残念。 年を取ってからの植木等は大好きなんだけど、…特に『乱』の植木等は最高ですね。…ジバコ役の植木等はどこか違うような気がしました。 とはいえ、ハナ肇や谷啓、犬塚弘の若かりし姿がみられるのは楽しいし、実際、彼らはよく動きます。 どちらかというと、いじられキャラの谷啓が、けっこうおいしい役どころです。 単にジバコが神出鬼没の窃盗を働くというのではなく、国際的国宝窃盗団と闘うという設定は悪くありません。 ちょっと『ルパン三世』みたいなのです。 ところで、NHKの少年ドラマシリーズでやってたのは、小林信彦原作の『怪盗オヨヨ』ではないかと思うのですがいかがでしょうか。 あれは、あれで優れた作品だったと思いますが。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ完璧な変装能力を用いた奇想天外トリック!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


植木等怪盗ジバコ
谷啓鈴木次郎
ハナ肇明智少伍郎警部
犬塚弘中塚長衛門
石橋エータロー大池の秘書
安田伸警官(彦根検問所)
東野英治郎警視総監
豊浦美子眉田洋子
進藤英太郎大池社長
青島幸男警官(箱根検問所)
木の実ナナゴーゴークラブの歌手
青山ミチゴーゴーガール
人見明警官(琵琶湖)
桐野洋雄ケーリンジャー
加藤春哉白バイの警官
左卜全右翼の大物
柳谷寛博物館館長
草川直也チン・タクト
小川安三パトカーの警官
佐田豊東西観光人事部長
R・バルボンレロ・レロ・ヘブン
ハンス・ホルネフウナ・ギーメシ
鈴木和夫パトカーの警官
松本染升京都の捜査主任
小松政夫ゴーゴークラブの司会者
藤田まこと担当大臣
浜美枝姫野ナナ

基本情報


タイトル
クレージーの 怪盗ジバコ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル